>
>
>

イライラする毎日を解消法で対処しよう

イライラする, 解消法


イライラする毎日を解消法で対処しよう④

コラム③では、感情のコントロールでイライラする気分を緩和する解消法をご紹介しました。解消法を実践することで、イライラする機会が減り周囲との人間関係での悩みも軽減できると思いますよ。

今回はイライラする原因の3つ目「イライラする原因は”投影”にあり」の解消法をご紹介します。

イライラする原因は”投影”にあり

心理学の世界では投影という言葉があります。投影とは、自分が思っていることを、相手が思っていることとして見てしまう事です。

例えば、A君はBさんに嫌われていると思っていることが、実はA君がBさんを嫌っているというようなことです。イライラする原因に関しても、この投影のメカニズムが働いている場合があります。

実際に、私がカウンセリングを通してみると、
「自分の父は優柔不断でイライラする」
「うちの母はすぐ怒る」
などの話を聞きます。しかし、それはよくよく聞いてみると、

「それはあなたのことでは?」
と感じる事は良くあります。もちろん親子なので、性格的に類似している部分が数多くあることは間違いありませんが、それを差し引いても、この投影による影響も見逃すことはどうしてもできません

イライラするパターンで深まる自己理解

投影の視点で考えると、私たちがイライラするのは他人では無く、自分に対してのイライラである可能性があるという事です。相手に自分の欠点やコンプレックスが映りこんでしまったことで気になることが、イライラする原因です。

みなさんは最近どのような事にイライラすることが多いですか?ひょっとして自分の欠点や自分の見たくないところにイライラするのかもしれません。こうしたイライラする原因は、自己理解を深めるヒントになります。

イライラするというマイナスの感情が、より良い生活を送るための自己理解につながるというのも何とも不思議な話だと思いませんか?自分のイライラするパターンに気付くことで自分を客観的に考える事ができます。例えば、イライラする感じがしてきた時には、

「そういえば、このイライラはいつものパターンだ」

と気付くことができれば、その場で心を落ち着かせることができます。
自分のイライラするパターンを知る事は、怒りやネガティブな感情をコントロールする事にも大変効果的です。

 

イライラするパターン探しが解消法!

それではここで、練習問題で自分のイライラするパターンを探っていきましょう!

練習問題1
あなたが最近イライラしたことはどんな事ですか?
誰にイライラしたか?どんな感情や考えを相手に持ったか?
考えてみましょう。

練習問題2
それではその主語を自分に置き換えてみてください

練習問題3
自分を主語にしたとき、
それが自分の内面を表していたか?
洞察してみましょう

 

解消法でイライラする気持ちを軽減!

練習問題をやってみて自分のイライラパターンがわかりましたか?問題で挙げたもの全体を見渡すことで、自分がどんな状況でイライラするのか客観的に見ることができると思います。客観的に自分を見ることで、イライラする感情を自分でコントロールできるようになると思います!

今回はイライラを引き起こす「イライラする原因は”投影”にあり」の対策として、自己理解を深める方法をお伝えしてきました。イライラするパターンを見つめ直すことが解消法になると思います。

次のコラムでは、イライラコラムのまとめです。一緒に確認してきましょう!

★イライラする原因は投影にある
★イライラする事から自己理解を深めよう
★イライラするパターンを知る事が解消法
★練習問題でイライラするパターンをチェック
コミュニケーション講座


自分の思考パターンをつかんで自己理解を深めましょう。