>
>
>

妬みや嫉みの意味とは?3つの対処法で克服しよう

妬み,嫉み,意味とは


妬みや嫉みの意味とは?3つの対処法で克服③

コラム②では、妬みや嫉みを抱きやすくなる原因の1つ、「自分に自信がない」の対策を考えました。自分の足りない部分に気付き、自分で自分を認めてあげることで、自尊心を高めることが大切だと分かりましたね。

今回は、妬みや嫉みの心理をいだきやすくなる原因の2つ目「他人と比較してしまう」について解説します。

妬みや嫉みの意味とは?比べてしまう理由

ここで「妬み」「嫉み」の意味を改めて確認しましょう。「妬み」や「嫉み」の心理は他人と自分の状況を比べた時に生じるもので、自分の置かれている状況が他者よりも“劣っている”と感じた時に、沸き起こってくる心理の事です。

このように「妬み」「嫉み」は、他人と比較する事で湧きでる心理のため、比較をしない事は心理を引き起こさない最良の方法かもしれません。しかし、私たちは、人と人とのつながりや、コミュニケーションを通して、お互いの言動に影響を受けながら生活しています。そんな中で、自分の立ち位置を知るためには、どうしても他人と比べざるをえません。

他人と比較することで、自分を省みることができ、劣等感を抱くこともあれば、優越感に浸ることもあるでしょう。それが、「自分という存在を把握すること」につながるのです。つまり、他人と比較すること自体は、誰もが自然と行っていることなのです。

 

3つの対処法で妬み・嫉みを克服しよう!

問題は、他人と自分を比べすぎてしまう場合です。自分より劣っている人を見つけては優越感に浸る、ということを繰り返せば、理想と現実のギャップは広がり、自己愛ばかりが強くなってしまいます。

逆に、他人の優れている点ばかり目についてしまうと、激しい劣等感を抱き、妬みの感情が強くなります。他人と自分を比べすぎてしまうと、自分の立ち位置を把握するどころか、自分を見失う原因にもなってしまいます。

そうならないために、他人と自分を比べすぎない3つの対処法をご提案します。ぜひ、参考にしてみてください。

対処法① 他人を過大評価しない
他人と自分を比べすぎてしまう時、相手の良い部分を強調しすぎることがあります。そうすると、自分がやけに情けなく感じられ、劣等感を抱きやすくなります。「人には良いところと悪いところがある」というふうに、両面を考えることも大切です。

対処法② 自分を過大評価しない
他人と自分を比べすぎてしまう時、自分のできていないところにばかり注目してしまうことがあります。そうすると、自分は誰よりも劣っているように感じてしまいます。自分のできることやポジティブな面も意識するようにしましょう。

対処法③ 自分なりの目標を考える
他人と自分を比べすぎてしまう時、「人にできて、どうして自分にはできないのか」と思うことがあります。他人にできることが、必ずしも自分にできるとは限りません。自分の力をしっかりと見極めた上で、自分なりにできること(=目標)を考えることが大切です。

このように、3つの対処法を意識して考えると、他人と自分を比べすぎることはなくなるはずです。妬みや嫉みの強い感情も抑えられ、克服への糸口となるでしょう。

 

悪い妬みや嫉みを成長の力に!

練習問題に取り組んでみていかがでしたか?日頃から比べすぎないための3つの対処法を日頃から意識できるようになると、過度に優越感や劣等感を感じることが少なくなり、沸き上がる妬みや嫉みの感情に振り回されることもなくなります。

そして、コラム②でもお伝えしたように、妬みには悪い面だけでなく良い面もあります。それは、他人と自分を比較することで発生する妬みや嫉みにも当てはまります。「人のふり見て我がふり直せ」ということわざがあるように、他人の言動から学ぶべきことはたくさんあります。他人と比べることで抱いた妬みや嫉みの感情を、自己成長の力に変えて、悪い妬みや嫉みを克服していきましょう!

次回のコラムでは、妬みや嫉みの心理を抱きやすくなる3つ目の原因「感情に流されやすい」について解説していきます。次回もお楽しみに!

★ 他人比べすぎると妬みや嫉みを強める
★ 3つの対処法で妬みや嫉みを克服しよう
★ 妬みや嫉みを自己成長の力に変えよう!
コミュニケーション講座


比べることで抱いた感情を、自己成長の力に変えてよう!