>
>
>

無気力症候群の原因と診断・チェック

無気力症候群,原因と診断・チェック


無気力症候群の原因と診断・チェック①

無気力症候群を専門家が解説します

みなさんはじめまして!臨床心理士の兵働です。私は心理系の大学院を卒業し、現在では臨床心理士として精神疾患を抱える方へのカウンセリングや研修を行っています。

近頃、学校や会社で「無気力な学生や会社員が増えた」という声をよく耳にしませんか。やる気が起きない、何となくだらだら過ごしてしまう状態のことを、人は「無気力」と呼びます。

このように無気力は、自分だけでなく周りの人にも悪影響を及ぼします。

しかし、無気力を正しく理解することで改善し、やる気をアップさせることができます。このコラムでは、無気力から抜け出しイキイキとした日常生活を送るための正しい知識を、全5回で解説していきます。

 

無気力症候群のデメリット

無気力はアパシーとも呼ばれ、「やる気がない」「モチベーションが低い」「無関心」といった、マイナスのイメージで使われます。それでは実際に無気力にはどんな症状があるのか、見ていきましょう。

1:スチューデント・アパシー
学生(特に大学生)に多くみられる無気力症状。受験という大きな目標を達成した後、次の目標を見つけ出せずに、喪失感をのもと勉強に無関心になります。

2:燃え尽き症候群(バーン・アウト)
仕事や勉強、スポーツに対して一生懸命頑張ってきたけれど、期待した結果にならなかった場合に起こる無気力状態。介護や看護の仕事をしている人に多いと言われています。

3:うつ病
うつ病の症状の一つとして「無気力」が挙げられます。この場合の無気力は、日常生活全般に対する無気力、無関心で、「自分はダメな人間だ」という自責の念を感じやすく、ネガティブな悪循環を招いてしまいます。

このように、うつ病の無気力は生活全般に関わるので比較的気付きやすいのですが、スチューデント・アパシーのように勉強のみ無関心になる無気力は、それ以外のこと(趣味や家事など)には症状が現れないため、発見しづらいのが難点です。当然対処が遅れるので、知らないうちに症状が進行してしまうという危険があります。

無気力になる対象が限定され、本人にも自覚がない状態を「無気力症候群(アパシーシンドローム)」と呼びます。このコラムでは、無気力症候群のように、自分では気付きにくい無気力症状について解説していきます。

 

無気力症候群の原因と診断・チェック

先ほど述べましたが、無気力症候群の場合、自分が無気力なのかどうか気付きにくいものです無気力さに気付かないと、対策も改善もできません。まずは簡単な診断・チェックで、自分の無気力症候群の傾向を知りましょう。

次のいくつかの質問について、今の自分の仕事や生活にどれくらい当てはまるかを答えてください。回答が終わったら、すべての項目の得点を合計してくださいね。

 

無気力症候群の傾向と対策

10点~20点 今の無気力症候群の傾向は低めです。
仕事や生活において、やる気が出なくて困ることはそれほどないでしょう。時々やる気が出ないこともあると思いますが、切り替えて仕事や勉強に取り組むことができます。

21点~30点 今の無気力症候群の傾向は中程度です。
やる気が出ず、仕事や勉強などに身が入らないことがあるでしょう。頑張りすぎて、エネルギーが切れかけているのかもしれません。適度にリラックスして、気分転換することをおすすめします。

31点~40点 今の無気力症候群の傾向は高めです。
仕事や勉強などに身が入らず、ミスをすることや注意を受けることが多くなっていませんか。生活リズムを見直して、今後の目標設定を明確にする必要があるでしょう。

あなたの無気力症候群の傾向はいかがでしたか。この結果はあくまで「今の」あなたの状態です。環境が変わることや、改善しようと意識することで、傾向は変わっていきます。まずは、今の自分がどれくらい無気力なのかに気付くことが大切です。そこを出発点として、自分がどう変わっていけばいいのかを考えていきましょう。

 

無気力症候群をまねく3つの原因

自分の無気力症候群の傾向がわかったところで、今度は原因について見ていきましょう。無気力症候群をまねく原因は、大きく分けると3つあります。

①完璧主義な性格
無気力症候群になりやすい性格の一つとして、「完璧主義」が挙げられます。完璧主義の人は、物事に100パーセント以上の力で取り組みます。人一倍エネルギーを使って生活しているので、エネルギー切れで無気力になりやすいのです。

これまでの心理学の研究でも、完璧主義と無気力の関係が明らかにされています。1994年の桜井・大谷の研究では、完全主義と無気力の因果関係を4つの側面から完全主義尺度を用いて行いました。その研究結果では、完全主義尺度の中の「ミスを気にする傾向」が高いと、無気力症候群になりやすいというのが示されています。

②アイデンティティの未確立
これまで、他人の意見や期待に合わせて生きてきた人は、無気力症候群になりやすい傾向にあります。心理学的にいうと、自分というアイデンティティが確立していない状態です。他人の意見や親の期待に応えようと頑張ってきた人は、幼少期や学生時代とても「いい子」として受け入れられてきたはずです。

しかし、大人になって精神的な自立を求められると、その状況の変化に戸惑います。改めて自分の存在意義について考えようとするのですが、気持ちの切り替えができず、無気力状態に陥ってしまうのです。

③生活リズムの乱れ
生活リズム、特に睡眠が不規則だと無気力になりやすいと言われています。
睡眠には様々な脳内物質を分泌する働きがあります。その脳内物質の中には、やる気と関係が深い「セロトニン」「ドーパミン」「アドレナリン」などが含まれています。そのため、睡眠不足や不規則な睡眠によってこれらの脳内物質があまり分泌されないと、日中にやる気が起きないというメカニズムができあがります。

 

まずは原因と診断・チェックから!

ここまで、無気力症候群になる原因と診断・チェックをご紹介しました。いかがでしたか。

無気力症候群の原因は「完璧主義な性格」「アイデンティティ」「生活リズムの乱れ」の3つでしたね。次回以降は、無気力症候群から抜け出す方法について解説していきます。内容は以下の通りです。

コラム② 無気力症候群を自覚し克服しよう
コラム③ 自分らしさで、無気力症候群を克服
コラム④ 無気力症候群を克服は「ほどほど」で

無気力症候群から抜け出すことは、今よりもっとイキイキと、輝きのある人生を送ることにつながります。無気力・無感動・無関心を卒業して、やる気と感動に満たされた生活を目指しましょう。きっと毎日が楽しくなりますよ。

次会のコラムは、無気力症候群を引き起こす原因の一つ目「完璧主義な性格」の対処法をご紹介します。次回の無気力コラムもお楽しみに!

★ 危険!無気力に気付かない無気力症候群
★ 無気力症候群には3つのタイプがある
★ 3つの原因と診断・チェックを確認しよう
★ 無気力症候群の克服は原因と診断・チェックから

 

出典
・桜井茂男・大谷住子 1995 完全主義は無気力を予測できるのか 奈良教育大学教育研究所紀要,31, 171–175.

コミュニケーション講座


専門家の正しい知識をご紹介します。症状を理解して克服しましょう!