>
>
>

共感できる言葉で極めよう!

共感,できる,言葉


共感⑤ 共感できる言葉で極めよう!

気持ちを楽に「共感」しよう!

207-kyoukan5共感コラム第5回目です。前回は「伝える!」ということで共感できる、2つのポイントをあげました。

・相手の言葉を「〜なんだね」と繰り返す
・相手の表情のまねをする

とてもシンプルなものでしたが、実践された方、いかがでしたか。

今回は、共感できることに慣れるにはどのようにするとよいか、お話します。これができるようになれば、あなたは共感を「極めた!」と言えるかもしれません。

理想は、無理なく共感できる、自然に共感を示せすことができる、です。それでは、気持ちを楽に共感できる言葉が自然と出るようになるには、どうすればいいでしょうか。

 

ポイント1:共感の要点をおさえる

「気持ち」と「考え方」をわけてみよう

相手の話の全てに共感するのは、ちょっと疲れてしまいそうです。
そこで、共感する要点を押さえます。

相手の「気持ち」と「考え方」をわけて聞き、「気持ち」に共感するのです。言葉だけでは分かりづらいと思うので、練習問題をやってみましょう♪

 

問題1
208-kyoukan5次の台詞を読んで、「気持ち」と「考え方」をわけましょう。
「実はいま、職場でいじめられてて、すごくつらいの。だってね、仕事って、皆で仲良く協力して楽しくやるもんでしょ・・・。」

「気持ち」⇒

 

「考え方」⇒

 

解答
気持ち⇒「すごくつらい」
考え方⇒「仕事って、皆で仲良く協力して楽しくやるもんでしょ」

共感するのは「気持ち」です。「つらい」というその感情に正解・不正解、よい・わるいはなく、事実その人が「つらい」と感じるのだから、つらいのです。共感すべき要点をおさえて、「そうか、それはつらいね」と共感できる言葉を伝えればOKです。

 

ポイント2:共感しずぎない

相手とうまく距離をとってみよう

「へぇ〜、そういう人もいるんだな」という感じで、相手の言葉とうまく距離をとることも大切です。”とりあえず”受け入れる、という程度で共感できるようになれば、”共感疲れ”がなくなります。

ここで突然ですが…
皆さんは、卵かけごはんに何をかけますか?
という話題から、問題です!

問題2
209-kyoukan5以下の文を読んであなたは、どんなリアクションをしますか?
「卵かけごはんにケチャップかけると、めちゃくちゃうまいんだよね〜!」

あなたのリアクション⇒

 

自分なりにどんなリアクションをするか考えてみましたか?それでは解答例です

解答例
A「え…ありえない」「あ、それ無理」
B「へ〜おいしいんだ〜!」

Aは全否定してますね。Bは、とりあえず受け入れているリアクションです。「へ〜おいしんだ〜!」という言葉で”とりあえず受け入れる”共感する姿勢を出した方、これ以上無理しなくていいんです。さっそく翌朝、気が進まないのに無理してケチャップをかけた卵かけごはんを食べて、「食べたよ!おいしかったよ!」なんて伝えなくていいんです。

もちろん、ほんとにそれいいなぁと思う話であれば、できる限りその感想を伝えると、盛り上がりそうでが、言葉全てに責任を持って行動しては共感づかれしてしまいます。

ちなみに、卵かけごはん×ケチャップは、ナシではないです。生オムライス…とでも言いましょうか。お試しされるかどうか…お任せします。(笑)

 

共感できる言葉とは?まずは受け入れよう!

「共感の要点をおさえる」「共感しすぎない」という2つのポイントを心がけてみると、気持ちを楽に共感できると思います。

話し手の言葉全てを肯定したり、言葉全てに同意する必要はありません。「そうなんだね」と共感する姿勢が大事です。すると、自然と共感できる言葉が出てきて、相手との程よい距離が取れていきます。

 

共感はできることから少しずつ!

共感の力が極められた域に達するのは、今すぐにできる!というものではありません。できることから少しずつでいいんです。今回お話したことを、頭の片隅において、たまに振り返ってできることを少し実践してみてください。相手の言葉を整理して、相手の気持ちに共感できる言葉を伝えて行きましょう。

次回は、共感コラム最終回です。ここまでのおさらいをします。

★言葉の要点をまとめて「気持ち」の部分に共感しよう!
★ほどよい距離をもつことも共感できるポイント
★「そうなんだね」など共感できる言葉で受け入れることが大切
コミュニケーション講座


共感できる言葉でスキルを極めて行きましょう!