ホーム > コミュニケーション知恵袋 >

学習すること①~生活のための学習~

接客スキル、好印象を与える、方法、ポイント


学習すること①~生活のための学習~

人はなぜ学習するのか?

「勉強」と聞くと、めんどくさいな~とか、やりたくないというイメージを持たれる人も多いかと思います。学校では親や先生から「勉強しろ!」としつこく言われて、よけいにやる気を失ったという経験もあるのではないでしょうか?

しかし、なにも学校で難しい数式を解いたり、たくさんの英単語を暗記するだけが勉強ではありません。私たちは普段の生活の中で、さまざまなことを勉強、学習しています。例えば、新しいスマートフォンを買ったらその使い方を覚えます。使い方を覚えたら、アプリなどの機能を使いこなしてより快適、便利な道具として持ち歩きます。そうした道具の使い方を学習し、自分の中で習得して生活の一部として取り入れることも一つの学習です。つまり、私たちは日々学習することで生活に適応しているわけです。

そして、社会生活を充実させるためにはより高度な学習が必要になります。会社の営業成績を上げたかったら、セールストークを勉強したり、料理が上手くなりたいと思ったら料理本を片手に研究したりするでしょう。難しい課題に出くわせばそれだけ熱心に勉強しようと思いますし、それによって生きがいを見出したり、より生活が豊かになっていくことができます。

さまざまな形はあるにしても、根本的には自分の欲求を満たすためにより高度な学習をするのが人間であるということが言えます。つまり、人が生きていくことと、学習するということは密接な関わりがあるということです。

自発的な学習

 もう何年も前のテレビドラマの1シーンですが、印象に残ったセリフがあります。小学校を舞台にしたドラマで、生徒が「なぜ勉強をしなくてはいけないのか?」と質問し、それに対して先生が答えたセリフはこうです。
「勉強はしなくてはいけないものではなく、したいと思うからするもの」
まさに本質を捉えたセリフだと思います。

やはり、学習するということは受動的に行うことよりも、自発的に行った方が学習の効果は高いということが考えられます。

次回はより効果的な学習方法は何かを考えていきましょう。

 




会話が続かないのはなぜ?改善法を学ぼう,デート,術 人間関係を楽しもう♪