ホーム > コミュニケーション知恵袋 >

コミュニケーション上手って、どんな人?

聞き上手?論理性?説明上手? 空気を読もう♪ コツ


コミュニケーションコラム①~コミュニケーション上手ってどんな人?~

コミュニケーション能力が高いってどういうこと??

 このコラムではコミュニケーションに関わる心構えや、自己主張の仕方などについて紹介していきます。このコラムはこんな人にオススメです。

・コミュニケーションが苦手だ
・上手く自己主張できない
・どんな会話をしたらよいかわからない

 今回はコミュニケーション能力が高いとはどんなことなのかを考えていきましょう♪

 

状況によって変わるコミュニケーション能力

 わたしたちが生活していくうえで、コミュニケーション能力は欠かせません。仕事では打ち合わせや会議の場で相手と情報交換することが求められます。また、家庭での家族との会話や、恋愛や友達関係においてもコミュニケーション能力が必要とされます。

 では、一体、コミュニケーション能力が高い人とはどんな人なのでしょうか?沢山話せる人でしょうか?論理性がある人のでしょうか?聞き上手な人でしょうか?例えば、話すのが苦手な人は、聞き手に回ることが多く、それで相手から好感を持たれたりします。また、人前であがる人は人間味があると思われ、気に入られることもあったりします。逆に、会社では論理性が求められても、家庭でそれを発揮してしまえば、それは災いの元となるでしょう。

 要するに何がいいたいのかといいますと、コミュニケーション能力の高い低いは状況によって180度変わるということなのです。時に話さないことが正解であったり、話し続けることが正解であったり、感情を出すことが正解であったり、感情を出さないことが正解であったりします。

 

コミュニケーションの法則は一つではない!

 1つの法則を学び、それをもってコミュニケーション能力が高いと訴える本は沢山あります。ですが、どのスキルにも裏を返せばデメリットが必ずあることをしっかりと知っておかなければなりません。

 コミュニケーションスキルを身につけていくときに、なるべくその弊害にも目を向けていくことも必要です。例えば、プレゼンで理論的に説明できるスキルを身に付けたとしましょう。説明力に長けて会話に説得力がつきました。この説得力のおかげで、プレゼンが苦手だったのが、一気に自信がつくようになりました。しかし、聞き手からの意見や質問に対しても、自分の論理を展開するばかりで意見に対しての答えになっていません。つまり、身に付けた説得力は、意見や批判に対しては力を発揮しないということです。

 このように、全てのコミュニケーションスキルにはプラスの面とマイナスの面があります。こうだから、こう!と言うスキルは一つもありません。結局はコミュニケーション能力が高いとは、状況や目的にあった情報や、感情を柔軟に出すことができることなのです。

 

  • コミュニケーション能力は状況によって変わる
  • 状況や目的にあった柔軟さが必要!

次のコラムへ


 



会話が続かないのはなぜ?改善法を学ぼう,デート,術 人間関係を楽しもう♪