ホーム > コミュニケーション講座 >

人間関係で疲れた悩みへのストレス対処法・改善法を学ぶ講座

人間関係,疲れた,悩み,改善,ストレス,対処法


コミュニケーション講座を説明するためのメインのビジュアル

「心のあり方」次第でコミュニケーションは楽しくなる

 コミュニケーション能力と心のあり方は切っても切り離せない関係にあります。 例えば、初めて参加したサークルの飲み会に参加したとします。初めての方と飲むときはちょっと気を使ってしまいますよね(^^; このとき皆さんはどんな気持ちでお話しているでしょうか。

「初対面だし絶対に印象良く見られたい! 
「間を空けないように話し続けなきゃ!」 
「変な風に見られていないかな・・・不安だ・・・」 

と考えたとします。このように考えると
肩に力が入って緊張してしまいませんか?
もしかしたら心臓はバクバク、冷や汗が出て、
ぎこちない話し方をしてしまう方もいるかもしれません。
疲れたと感じたり、ストレスも感じてしまうかも・・・

これに対して
「隣の人と世間話でもできればいいかな」 
「自分らしくゆっくり楽しんで話そう」 
「多少失敗しても大丈夫♪」 

と考えたとします。ちょっとイメージしてみましょう。
まあまあ多少失敗してもいいじゃないか。
とゆったり構えてみましょう。

いかがでしょうか?
さっきよりも少し楽になりませんか?
失敗するのは当たり前だと考えるので、
さっきよりは肩の力を抜いてリラックスして
話すことができると思います。 

このようにコミュニケーションは心のあり方次第で改善もできますし、
疲れやストレスを増大してしまうこともあるのです。

なぜ人間関係で疲れるのだろう?

2012年生田緑地にてリクリエーション♪

では人間関係に疲れたりストレスを感じる人の心には
どのような問題があるのでしょうか?
心理学的には以下のように言われています。

・よく見られようと考えすぎている
・周りと比べて落ち込むことが多い

・自分の意見を我慢しすぎてしまう
自分を責めることが多い
・他人や自分の長所をなかなか言えない
・完全主義や偏った考え方をしている

皆さんはいかがでしょうか?
もし上記の傾向のどれかに自分があてはまると
感じたとしたら問題があるといえるかもしれません。

セルフカウンセリングの技術を覚えよう

講座は私服でリラックスできる雰囲気です♪

 さて!!皆さんは人間関係に関する疲れやストレスを抱えたときに、どのように解決していらっしゃいますか。

悩みの改善ってとても難しいですよね。
良かれと思って悩みに対処しようとしたら、
逆に頑張りすぎて症状を悪化させてしまったなんてこともあったかもしれません。

 この点、悩みの改善の仕方については心理学の世界で100年近く研究されてきました。
悩みを100から0にするような理論はまだありませんが、
統計的に効果が実証されている理論も開発されてきています。

 先人たちが散々考えた悩みの改善の方法を知らずに、
皆さんが漫然と悩みと向き合っていたとしたら
心理学を勉強してきた講師として
とてももったいないことだと思います。

 そこでメンタル講座ではコミュニケーションに関する
悩みを着実に改善していくためにセルフカウンセリングの技術を学んでいきます。

 セルフカウンセリングとはその言葉の通り、
「自分の力で心の状態を改善していくこと」を目的としています。
社会人は未成年と違い、ある程度自分の悩みを自分で乗り越えていく強さが
必要となります。このとき自分で自分の心を改善するコツを身につければ
生涯を通してメリットがあると言えるでしょう。

講義内容は5つのステップ

セルフカウンセリングの技術は
交流分析・認知行動療法・臨床心理学・社会心理学をベースとして構成されます。

1.交流分析と自己分析 ・・・エゴグラム ストローク概念の基礎 

2.認知療法の学習   ・・・認知のゆがみ 完全主義の軽減

3.行動療法の学習   ・・・行動予定表作成 フロー心理学の理解

4. 心理学と重要理論・・・マインドフルネス療法 ジョハリの窓 アイデンティティ

5. アサーション訓練・・・ストレスを溜めない 自己主張訓練

なんだか難しい言葉が並んでいますね(^^; 
もっとかいつまんで言うと
知識を得る、考え方を見直す、改善する対策を練る、 
具体的な行動、自分の良い所を探す!

という流れになります。 講義ではできる限り噛み砕いて丁寧に
お伝えしていきますね!

 目標は4ヶ月(8回の講義)で効率よく自分の問題を発見し、
それを自分自身の力で改善する力をつけることです。
人間関係の悩みを抱えていたときに漠然と改善するのではなく、
冷静かつ現実的に、そして楽しく改善していくコツをしっかり身につけましょう。

心理学講座カリキュラム

心理学コースのカリキュラムのタイトル

Part-1 セルフカウンセリングの基礎1
    ~交流分析の基礎 自分を知る心理学~


  • 自分の性格を知ろう!エゴグラム性格分析
  • CP、N、PA、FC、ACのチェック
  • 批判的精神、援助性、論理性、自由な心、協調性のチェック
  • ストローク概念の学習
  • 無条件の肯定とは

Part-2 セルフカウンセリングの基礎2
   ~認知療法の基礎 思考の歪みの改善~


  • 認知行動療法の基礎 ABC理論の学習
  • 偏った考え方を改善しよう
  • 白黒思考、過剰な公的自己意識、勝ち負け思考、過度の自責改善 
  • ~べき思考の改善

Part-3 セルフカウンセリングの基礎3
   ~認知療法の基礎 生活の中での思考のゆがみを改善しよう~


  • 現実検討能力とはなにか?
  • 柔軟な思考の練習
  • 日常生活での思考のゆがみを探そう
  • 生徒さん同士での問題のシェア

Part-4 セルフカウンセリングの基礎4
  ~無理な行動はNG!自然にコミュニケーション力が上がる方法~


  • コミュニケーション能力を高めるための行動の立て方
  • 不安階層表の作り方と実践、行動計画
  • 苦手な場面を想定し、簡単なところから取り組んでみよう
  • 前回の振り返りと新たな計画
  • フロー心理学の学習

Part-5 セルフカウンセリングの基礎5
 ~不安やイライラとの付き合い方 マインドフルネス療法~


  • マインドフルネス認知療法 ACTの基礎
  • 呼吸法、葉っぱ課題、マインドトレイン
  • リソースの学習 自分が持っている資源をしっかりと確認する対処法
  • ジョハリの窓でオープンなコミュニケーションを目指す対処法

Part-6 セルフカウンセリングの基礎6
~自分の長所・短所を見直す 実は短所が長所?~


  • コミュニケーションとアイデンティティの問題
  • 嫌われる覚悟を持つ
  • 正規分布表の作成
  • 自分の長所を見直そう
  • 自分らしさとはなんだろう?

Part-7,8 基礎7/8
~アサーティブコミュニケーションの基礎~


  • ストレスを溜めない人間関係の築き方
  • 自他尊重のコミュニケーションとは
  • 丸い言い方で人間関係を健康に保つ練習
  • 言いにくいことでも言いやすくなる主張法
  • 日常生活に即して主張練習してみよう

講座で友人を作り一緒に成長しよう!

講座では講座中の人間関係はもちろん、
講座後の生徒さん同士のつながりを大事にしています。
1人で練習するよりも、皆で練習したほうが成果は
格段に出やすくなります。

講座後には必ず皆で解チームミーティングの課題が出ます。
70%ぐらいの生徒さんが参加されるので出席することをおススメします!
また各教室での自主的なイベントを開催するのもダイコミュの伝統的な文化になっています!
自分自身で企画するのもよし、誰かの企画にのっかるのもヨシ!
生のコミュニケーションを通して成長していきましょう。

受講されるのはこんな方

講座には20代~40代の方が多く参加されています。
10代、50代の生徒さんも最近増えてきています♪
コミュニケーションで悩んでいる方がとても多いので
落ち着いた方が多く、普段できない悩みの相談もしやすいと思います。

地方の方・お仕事で受講が難しい方へ

・地方に在住の方
・お仕事でお忙しい方
・まずは自分でゆっくりはじめたい方

はこちらの通信講座がおススメです!心理学通信講座、人間関係通信講座、滑舌力UP!通信講座で
通常講座と同じ内容を学習することができます。
  ↓↓
詳しくはこちら

スケジュールと途中参加について

心理学講座は、銀座第2教室以外の全ての教室で開催しています。
「心理学講座4ヶ月」 → 「人間関係講座10ヶ月」を
1年と2ヶ月で1巡するカリキュラムとなっています。
講義は予習と復習を大事にしながらゆっくり進めていきます。
途中参加でも安心していらっしゃってくださいね(^^)


初参加のときは緊張すると思いますが、アットホームな雰囲気をとても大事にしています。
あせらずゆっくり進んでいきましょう。3ヶ月ぐらいでだんだん馴染んでくる方が多いですよ♪

講師

川島達史 野間貴大 道又優里 亀井幹子 田口朋 杜岡万弓

メッセージ

私(川島)自身、20代の前半まではコミュニケーションがとても苦手でした。
原因としてはたくさん考えられましたが、特に完全主義に陥っていたことが大きかったです。
偏った考え方によって、過剰な目標を持ち、それに到達できない自分をいつも責めてしまう。
人と接するのが結果的に嫌になってしまいました。

人生は考え方を変えることで肩の荷が下り、楽しくなります。

柔軟な考え方を元に現実的な行動を始めていきましょう。
ゆっくりとで良いです。ストレスや疲れへの対処法を一緒に進んで行きましょう。

講座運営上の課題について

弊社は10年以上講座を運営していますが、
まだ発展途上の講座でまだ課題があるのも現実です。
講座のご受講の前に下記についてご理解頂けると幸いです。


・1クラス20~30人について

弊社では人数を20~30人を原則としています。
理由は以下の2つあります。

 1.経済的負担の軽減
個人指導ですと高額な講座代金を頂くことになります。
この点を考慮して、人数を増やし、経済的な負担を軽く
するスタンスを取っています。

 2.多様性
人数が多いとそれだけ様々な方とのコミュニケーションが
必要になります。現実社会と近い環境を作るようにしています

 3.デメリット
現実問題として人数が多いと
どうしても講師の直接指導の時間が
少なくなってしまうというデメリットがあります。
ただ、講座後のお茶会や、講座中はできるかぎり
みなさんに声をかけさせて頂きます。
その点についてご理解頂けると幸いです。


・効果について

弊社では原則として統計的に効果のあるトレーニングを最重視しています。
ただし、学術的な統計を取るにはかなり時間がかかってしまうため、
講師の主観的な講義内容もあります。
効果については平均的に高いものをなるべく提供していきますが
絶対的なものではありませんのでご了承ください。


・お手伝いについて

経済的な負担を軽くするため、生徒さんには講座前の準備と
講座後の片づけを手伝って頂いています。
お時間があるかたはご協力頂けると幸いです。



・その他まだ至らない点等

その他至らない点等あるかと存じますが講師一同できる限りり、努力して講座内容を
改善していきます。講座で感じた疑問点等どうぞ講師を捕まえてぶつけて頂けると幸いです。




 




人間関係で疲れたら・・・ストレスへの対処法を学びます。
悩みを改善する心理学を専門家がお伝え