ホーム > メルマガについて >

人見知りを克服する方法とは?無理に構えず、自然に!

人見知り,克服,方法

第5回 「人見知りを克服するということ」
発行日 : 2013年12月29日

人見知りを克服するためにはどうすればいいのでしょうか?
克服するための方法としてはいろいろあります。
ソーシャルスキルトレーニング、認知行動療法…などです。
興味がある人は本屋などで色々なノウハウ本が出ているので、
手にとってみるのもいいでしょう。ここでは具体的な克服法を述べるというよりも、どのような構えで
人見知りに向き合っていけばいいのかを紹介していきたいと思います。a0055_000152

「人見知りを克服するということ」

とある芸能人のやりとり

最近テレビで、

ある子役と大物芸能人とでこんなやりとりがありました。

子役A:私人見知りしてしまうんですが、どうやったら人見知りしないようになりますか?

大物芸能人B:それはね、慣れること!

子役A:そうなんですか…

大物芸能人B:大人だって初めて会う人と話すときは緊張するものよ。だから慣れるしかないのよ。

とまぁ、大物芸能人のあっさりとしたアドバイスに笑いが起きたわけですが、
人前に出ることを常とする芸能界にも、人見知りする人はいっぱいいそうです。
ここで大物芸能人は人見知りには慣れることと簡潔に言い放ちました。

この“慣れること”というのは一見単純そうにみえて重要なことです。
どんなに「人見知りをしないぞ」と、強く気持ちを持っていたとしても、
人と接する機会を増やさない限り克服は難しいでしょう。

また、上で紹介したソーシャルスキルトレーニングや認知行動療法などには理論があって、
その上に訓練や実践があります。その訓練や実践は、場数をこなして慣れる
ということに他なりません。

子役Aは人見知りをしない魔法を教えてもらうことに期待したのでしょうが、
期待外れの魔法にがっかりしたことでしょう。
さすが大物芸能人とあって単純かつ明快なアドバイスです。。。

無理に構えない

また、一つ加えるとしたら
人見知りしたとしても無理にそれを克服しようと躍起にならないこと

です。

人見知りをしないという強い気持ちは、
それが上手くいかなかった時、「やっぱダメだった」と落ち込んだり、
自信をなくしてしまうことを大きくしていまいます。なので、肩の力を抜いて、
「人見知りをしたとしてもそれはそれでいい」
という構えを持って、人と接する機会を多く積んで“慣れる”ということが大事でしょう。


人見知りをどのように克服すればいいのか?その方法を教えます!無理に構えず、自然でいることを心がけよう!