ホーム > メルマガについて >

人がイライラする原因は何?それには3つの理由がある!

イライラ,する,原因

第11回 イラっと来た時、考えてみる3つの理由
発行日 : 2013年12月29日

こんにちは、ダイコミュコラム担当の石橋です。

猛暑続きで、いよいよ夏本番って感じですね。

こう暑いとイライラしやすくなることも多いのではないでしょうか?

今回はそんな“イライラ”について考えていきたいと思います。

□■□メンタルヘルスコラム□■□

a0002_005033

「イラっとくる理由」

イラっとくる理由

普段私たちがイラっとくる時、それはどんな場面でしょうか?

電車が遅延して遅刻しそうになっているとき。路上で人がぶつかってきたとき。

気に障るようなことを言われたとき。

など、さまざまなイラっとくる場面が浮かぶでしょう。

では、人がイラっとくる理由にはどんなものがあるでしょうか?

大きく3つに分けられます。人がイラっとくる理由として、

1つ目にコントロール感が失われることが考えられます。

上の例で言うと、電車が遅延して遅刻しそうになっているときが当てはまるでしょう。

他にも、静かに勉強がしたいのに外の騒音がうるさかったり、

いざ使おうと思っていた時に限って、ものが壊れていた時などもイラっとします。

自分の行動が何かによって阻害されるとき、人はイラっとします。

2つ目の理由として、自尊感情が傷つけられることによることが考えられます。

上の例だと、気に障るようなことを言われたときが当てはまります。

悪口や自分の文句を言われれば当然イラっときますが、

それは自尊感情が傷つけられるためであることが考えられます。

3つ目の理由は、社会の規範に反する場面に出くわしたときです。

犯罪や企業の不祥事などをニュースで見て怒りがこみ上げた経験はよくあるでしょう。

これは社会の規範に違反していることに対して、イラっとした感情が出てきます。

また、細かいところでいうと、タバコのポイ捨て、図書館でうるさくする、

などの日常のマナーなどに反している人を見かけたりしてもイラっとくることがあります。

他にもイラっとくる理由には人それぞれあるかと思いますが、

暑さをしのぎながらイラっとくる感情をコントロールすることは、

この夏を乗り切る上で大事なのかもしれませんね。


人はなぜイライラするの?その原因を探ってみましょう。3つの理由があることを知って、自分の感情をコントロール!