ホーム > メルマガについて >

イライラを解消する方法を身につけよう!自分の感情をうまくコントロール!

イライラ,解消,方法

第13回 自分のイラっをコントロールする
発行日 : 2013年12月29日

ここ最近は涼しくなってきてだいぶすごしやすくなってきました。
気温の変化が激しいので体調には十分注意したいですね。

では、今月のダイコミュコラムです。

 

□■□メンタルヘルスコラム□■□

a1640_000187

「自分のイラっをコントロールする」

 

前回はクレーム対応の例をとりながら相手のイラっにどのように対応していくかを述べました。
仕事に限らずさまざまな場面で相手の怒りに直面し、
それに対応しなければいけない場面は多いでしょう。
では、今回は自分がイラっとした場合、どのように感情をコントロールしていけば
いいのかを考えていきましょう。

考え方はアサーティブに◆

あなたはイラっとした時、どんな反応を示しますか?はっきりと怒りを周りに示す、
怒りを抑えて表情に出さない、全般的にあまりイラっとしない…
など人によってさまざまな反応があると思います。
怒りの感じ方は人それぞれあると思うので、正解や間違いはありません。
ただ、建設的な対応として考えた場合、どのようなものがあるでしょう?

よく言われるのがアサーティブな自己表現です。
詳しい内容はダイコミュの講座にお任せするとして、
怒りのコントロールはアサーティブな自己表現にとって大事なポイントになっています。
大事な点をあげると、

・怒りを小出しにする
・マイルドな怒り(怒りの程度が低い)の時に表現する
・怒りを怒りで対応しない

これらは他者に対して怒りの気持ちを表現する際の参考になります。

環境を整えてリラックス♪
その他の対応方法として考えられるのが環境を整えることです。
どんなに怒りのコントロールがうまい人でも、イラっとする場面に多くでくわしたり、
その程度が大きすぎるものであれば怒りを爆発させてしまうこともありうるでしょう。
その場合は自ら環境を変える必要があります。
うるさい場所でイライラすると思ったら静かな場所に移る。
イライラで仕事に集中できなかったら作業を中断して休憩するなどの
環境調整が必要になってきます。

また、リラックスする時間を作るということも有効です。
ストレスの対処法としてよくリラックスすることがあげられますが、
積極的にそういった時間・場所を作ることが必要です。
「忙しくてそんな時間とれないよ…」なんて人は、呼吸を整えることでもリラックスできます。
代表的なものに腹式呼吸があります。

腹式呼吸は

1、お腹をへこませて8秒かけてゆっくり息を吐く
2、お腹を膨らませるようにして4秒で息を吸う
3、再度8秒かけてゆっくり息を吹く

この繰り返しで腹式呼吸が得られます。

怒りの表現に気をつけることと、環境調整・リラックスなどが有効なので、
イラっとしたら是非活用してみてください♪


イライラを解消する方法を身につけよう!自己表現と環境調整で、自分の感情をうまくコントロール!その方法はリラックス法を身につけることがカギ!