ホーム > メルマガについて >

過度にハマると依存症に!?ゲームやネットにハマる人

依存症,ゲーム,ネット

第8回 ハマると依存の違いとは?
発行日 : 2013年12月29日

こんにちは、ダイコミュコラム担当の石橋です。

ゴールデンウィークに入り、行楽の季節がやってきました。私も一足先に先日キャンプに行ってきました。

たまには外でワイワイしたり、のんびりするのもいいですね。 それでは、今月のコラムです。

 

――――――――――――――――――――――

□■□メンタルヘルスコラム□■□

a1180_003607
「ハマりすぎ」

「ハマりすぎ…」

何かにハマるということは快の気分をともない、人生において、

充実感をもたらすことができます。しかし、ハマりすぎて日常生活に支障が出てくると問題です。どういった問題が起きてくるでしょう?

ネットゲームに夢中になりすぎて仕事に手が付かない。

ギャンブルにハマり、大金をつぎ込んで経済的に苦しくなる。

さらには、遊びに夢中になりすぎて、恋人と別れる。などといったことがあるでしょう。

本来やらなければならない仕事がおろそかになったり、お金がなくなったり、

大事な人との絆が薄れてしまうという問題があります。

つまり、ハマりすぎには仕事・お金・人に気をつけておかなければならないということです。

ハマる”と“依存”

では、ハマりすぎるとどのような状態になるでしょう?ハマりすぎると、

「それなしでは生きていけない!」というような状態になります。

これは“依存”という言葉でも表せます。

よく、薬物依存とかギャンブル依存とか聞きますし、日常会話でも~依存という言葉を使うと思います。

心理学では依存という言葉は「何かを満足させたり他者から認められるために、他者に頼る」という意味で捉えられています。

これを広く捉えると、他者だけでなく趣味、モノ、動物、などなどの特定のものに頼りすぎている状態が“依存”ということが言えます。

特に、何かに頼りすぎて“依存”という言葉を使う時はあまり良い意味で使われることは少ないですね。

以上のことから、何かにハマっても過度な依存状態になると少し注意が必要になってくるというのがわかります。

ハマりすぎにも注意が必要なのですね…

執筆者:石橋 陽介


過度にハマることは危険!度が過ぎると依存症に!?ゲームやネットにハマる人は要注意。ハマりすぎることには注意しよう!