HOME > コミュニケーション用語集 >

ADHD(注意欠陥多動性障害)

ココロの働きと仕組み コミュニケーション用語集

ADHD(注意欠陥多動性障害)

 ADHD(注意欠陥多動性障害)とは、物事に集中できず、落ち着きがないなどの特徴を子供の頃から抱えた症状を意味します。

 ADHDを抱えた状態では、人の話をきちんと聞けない、共感しにくいなどの特徴を抱え、しばしば人間関係において挫折することがあります。

 ADHDは、いじめなどの対象になる可能性があり、周りのサポートと深い理解が欠かせません。ADHDを抱えていても社会的な仕事をこなしていくことは可能なケースもあり、筆者(川島)の周りにも複数人いらっしゃいます。

 ADHDのトークンエコノミー法が有効であるといわれています。

対人関係における症状

社会不安障害(SAD)、 注意欠陥多動性症候群(ADHD)、 対人恐怖症、 視線恐怖、 醜貌恐怖症、 赤面恐怖、 会食恐怖、 あがり症、 多汗恐怖症、 ランチメイト症候群、 自閉症情動調律愛着と幼児人格障害不安障害気分障害統合失調症


ココロの働きと仕組み
コミュニケーションに関する用語集