HOME > コミュニケーション用語集 >

人格障害

人格障害と人間関係 コミュニケーション用語集

人格障害

 人格障害とは統合失調症不安障害なと正常な状態の狭間に属する障害だといわれています。人格は個性であり、バラツキがあるのは当たり前のことですが、その個性が社会的な文化やシステム合わないときに、社会生活が困難になってきます。

■妄想性人格障害 人が自分の悪意を持っていると思い込む

■反社会的人格障害 他人の権利を平気で侵害したりする、自己中心的

■境界性人格障害 自己を傷つけることで、見捨てられる事を避けようとする

■演技性人格障害 芝居がかった態度で他人の注意を引こうとする

■依存性人格障害 自分に興味を引こうと、他人に必要以上に依存する。過剰なアドバイスを求める。

■自己愛性人格障害 過剰な自己愛により、共感性が欠如する。学歴や仕事を誇張する。

■回避性人格障害 自己価値の低下から対人関係が億劫になる

■分裂病質人格障害 人に対して無関心、社会的な引きこもりになりやすい

■強迫性人格障害 完璧主義を押し付けるため、柔軟さが求められる人間関係が築きにくい

解決策としては、社会生活を営む上で障害となっている課題を丁寧に解決していく姿勢が求められます。

対人関係における症状

社会不安障害(SAD)、 注意欠陥多動性症候群(ADHD)、 対人恐怖症、 視線恐怖、 醜貌恐怖症、 赤面恐怖、 会食恐怖、 あがり症、 多汗恐怖症、 ランチメイト症候群、 自閉症情動調律愛着と幼児人格障害不安障害気分障害統合失調症


人格障害と人間関係
コミュニケーションに関する用語集