HOME > コミュニケーション用語集 >

不安障害

不安障害 治療 精神 神経症 コミュニケーション用語集

不安障害

 不安障害パニック障害全般性不安障害恐怖症性障害強迫性障害の4つに分類されています。

■パニック障害 呼吸困難、めまい、発汗、動機などを繰り返します

■全般性不安障害 不安と心配が継続的に続きます。イライラ、不眠などが見られます

■恐怖症性障害 普通の人には怖れる必要のないものに対して、強い怖れを感じます。広場恐怖、社会恐怖(赤面、表情恐怖等)、特定の物や状況への恐怖挙げられます。

■強迫性障害 不合理だと本人が自覚しているにも関わらず、反復・継続しないと不安を感じます。何度も手を洗う、鍵がかかっているか何度も確認しないと気がすまないなどの行為が挙げられます。

 不安障害に対する治療法としては薬物療法のほかには、認知行動療法が適していると言えます。不安階層表を用いたエクスポージャー法などが有名です。

対人関係における症状

社会不安障害(SAD)、 注意欠陥多動性症候群(ADHD)、 対人恐怖症、 視線恐怖、 醜貌恐怖症、 赤面恐怖、 会食恐怖、 あがり症、 多汗恐怖症、 ランチメイト症候群、 自閉症情動調律愛着と幼児人格障害不安障害気分障害統合失調症


不安障害 治療 精神 神経症
コミュニケーションに関する用語集