HOME > コミュニケーション用語集 >

コーチング

相手の力を引き出そう よい指導者はよい聞き手

コーチング(Coaching)

コーチングとは相手の考える力を最大限引き出すことで、目的達成への力添えをする技術を意味します。例えば、他人から相談されたとき、自分は新たなアドバイスは行なわず、あいづちをしたり相談者の考えをまとめてあげたりすることで、相談者が自分で考えるのを助ける、といったようなことを指します。

一般的にコーチと聞くとスポーツにおける指導者をイメージすることが多いですが、現在ではビジネスの分野でも広く使われる言葉になっています。
コーチングにおいては、基本的に相手の考える力を引き出すのに重点をおき、「自己決定」を促すのが基本的なスタイルになります。

コーチという言葉からは、いろいろ教えてくれる人をイメージしがちですが、厳密な意味でのコーチングにおいては、基本的には一方的に詰め込まないことが求められます

コーチングは相手の考える力を引き出す技術であるため、傾聴、質問に関する技術がほとんどを占めます。コーチングが行われる状況としては、会社であれば、上司と部下の関係であったり、親と子供の関係等、様々な場所で行われます。

対極的な意味として使われるのが、ティーチングという言葉です。
ティーチングとは、一方的に知識を教える方法を意味します。時間がかかるコーチングに比べ、ティーチングは短時間で済みますが、相手の考える力を削いでしまうという問題があり、長期的に見ると本人のためにならないなどの問題があります。

ビジネスの世界でいえば、ティーチングコーチングを使い分けるのが
優れた管理職の条件であるといえるでしょう。ただし、一般的にはコーチングティーチングは混同される事が多く、ティーチングを行っていてもコーチングを行っていると誤認されることが多いようです。

とはいえ、両者を同時に用いることも多く、その場合、ティーチングを主体として行なうコーチングは、ある程度の知識をクライアントに伝えるのでスキルコーチングといいます。

それに対して、ほとんど知識を伝えず誘導するのみの純粋なコーチングメンタルコーチングと区別するのが適切でしょう。メンタルコーチング来談者中心法カウンセリングに近いものといえます。


相手の力を引き出そう!
よい指導者はよい聞き手♪