HOME > コミュニケーション用語集 >

依存症

ココロの働きと仕組み コミュニケーション用語集

依存症(dependence)

 "アニメ、ゲーム、インターネットに没頭し、人との交流を避けようとする状態"オタク性依存症と言います。オタク性依存症は、コミュニケーション能力の不足をもたらし、現実の恋愛や仕事上で不利な立場にたたされます。具体的には以下のようなプロセスで依存症が高まって行きます。

1 バーチャルな世界での快体験

  アニメやゲームの世界は自分が主人公で自由に振る舞えます。
  挫折や失敗は少数で、多くが成功に満ち溢れ、日常の世界では
  味わえないような快感を覚えます。

2 現実の社会での挫折、孤独

  それに対して現実の社会はとても厳しいです。対人関係は自分と共
  に他者を思いやったり、気に入られる努力が必要で、誰でもしばし
  ば失敗します。
  通常であれば、その失敗から学び、再び試行錯誤しながら
  コミュニケーション能力を磨いていきますが、オタク性依存に陥る
  場合は以下のプロセスに堕ちて行きます。

3 バーチャルな世界に没入する

  現実社会での失敗を補完するように、再びバーチャルな世界に
  のめり込んでいきます。

4 コミュニケーション能力が悪化する

  長時間を対人関係が不要な世界ですごすため、コミュニケーション
  能力がさらに悪化し、歯止めが利かなくなる。
  現実の世界に対する自己統制性感が極度に減退しする。
  認知的不協和を是正するために、しばしば「オタクで何がわるい」
  「私は一生この世界で生きていく」などの世界観を作り出していき
  ます。

* 参考資料 『依存症のすべてがわかる本』 渡辺登監修 講談社


ココロの働きと仕組み
コミュニケーションに関する用語集