HOME > コミュニケーション用語集 >

ゲシュタルト心理学

ゲシュタルト心理学 ココロの働きと仕組み特徴 コミュニケーション用語集

ゲシュタルト心理学

 人間の精神は部分や要素の集合ではなく、全体性や構造こそ重要視されるべきとする、心理学の一学派である。ヴントの要素主義、構成主義の心理学の打倒を目指し、ドイツの中心で生まれた。

 全体は部分の寄せ集めではなく、まず全体があって部分はその全体に依存して現われると主張し、この全体性をゲシュタルト(形態)と呼んだ。たとえば、点1つでは何の意味も成さないが、この点が集合体になったときに文字や絵となって目に見えるときに、その点全体に意味があるということである。


ゲシュタルト心理学
ココロの働きと仕組み
コミュニケーションに関する用語集