HOME > コミュニケーション用語集 >

アサーティブコミュニケーション アイメッセージ、ユーメッセージ

言葉の主語 自己主張のテクニック 感情表現と人間関係

アサーティブコミュニケーション アイメッセージ、ユーメッセージ

"アサーティブコミュニケーションでは、主張の方法としてユーメッセージアイメッセージを使い分けるように指導されます。ユーメッセージとは主語が相手になります。例えば隣に座っている人のタバコの煙が自分の洋服にどんどんかかっているとしましょう。このときユーメッセージでは

 「たばこを吸うのを(あなたは)辞めてください」といいます。
主張の方法としては強く、場合によってはトラブルの元になったりします。

 これにたいしてアイメッセージでは

 「ゴホゴホ」と強く咳払いをしたり、
「たばこの煙がかかって(私は)苦しいです。」

と訴えかけます。

 アイメッセージは自分の状況を知らせているに過ぎず、ユーメッセージよりも弱い言い方になり、人間関係を重視した言い方になります。

 コミュニケーションにおいては、どちらも使えるようにしたいところです。
アイメッセージユーメッセージそれぞれの利点を活かして、環境に応じて使い分けましょう。

 アサーティブコミュニケーションにおいては基本的には、アイメッセージを使うように指導されます。


言葉の主語 自己主張のテクニック
感情表現と人間関係