HOME > コミュニケーション用語集 >

認知的不協和理論

コミュニケーション用語集 不快感,認知的不協和理論

認知的不協和理論

認知的不協和理論とは、人の心には、自分の意図にそぐわないとき、その不快感を解決しようとする働きがあるとする理論です。フェスティンガーによって提唱されました。

例えば、自分が望まない仕事を任されたとすると、誰でも不快感を覚えるでしょう。しかし、不快感を覚えたままではつらいままですので、人間は自然とその仕事にやりがいを見つけようとして自分を納得させようとします。
認知的不協和理論は人間が心のバランスを取るための防衛的な反応だといえるでしょう。

「認知」の変化・・・現実を変えてしまいます。上記の例では、仕事を辞めることがそれに当てはまるでしょう。

「認知」の重要性を軽減・・・事実を軽視したり、無視します。上記の例では、仕事のことはお金のためだからどうでもいいやと思い、気楽に考えたりします。

「認知」の追加・・・現実をプラスに捉えます。上記の例では、嫌な仕事だけど、自分が知らないことも覚えられていいかもというように考えます。
時にそれは屁理屈になることもあります。


コミュニケーション用語集
不快感,認知的不協和理論