HOME > コミュニケーション用語集 >

帰無仮説

帰無仮説と対立仮説 統計学 棄却

帰無仮説

 対照治療方法との結果に差が無いという設定を前提にしている仮説で、統計的仮説検定のためにたてる仮説のことをいう。

 統計的検定は帰無仮説を棄却することによって求める結論を得ようとすることが多い。(帰無仮説を設定して、得られたデータに基づいてその正当性ついて判断することを統計的検定と呼んでいる)

 帰無仮説に基づいて計算するとそのようなデータの得られる確率が低いときに、帰無仮説の正当性を否定することは棄却という。また、その代わりに採用される仮説のことを対立仮説という。


仮説検定 統計学
対立仮説 棄却