HOME > コミュニケーション用語集 >

感覚尺度

感覚尺度の意味と例 ココロの働きと仕組み コミュニケーション用語集

感覚尺度

 観察される変数と数値を対応させる基準のことで、測定値間の差の関係は成り立つが、比の関係は成り立たない尺度のことをいう。またを距離尺度とも呼び、数値の差のみに意味がある。

 中心傾向は最頻値、中央値または算術平均で表され、算術平均が最も多くの情報を与える。

 間隔尺度で測定されるデータは間隔データと呼ばれる間隔尺度で測定したデータは量的データと異なり、平均値、相関係数などを求めることができる。にはカレンダーの日付がある。


感覚尺度の意味や例は?
ココロの働きと仕組み
コミュニケーションに関する用語集