HOME > コミュニケーション用語集 >

相関係数

ココロの働きと仕組み コミュニケーション用語集

相関係数(coefficient of correlation)

 2つの確立変数の間の相関(類似性の度合い)を示す統計学的指標である。

 原則、単位は無く、-1から1の間の実数値をとり、1に近いときは2つの確立変数には正の相関があるといい、-1に近ければ負の相関があるという。0に近いときはもとの確立変数の相関は弱い。因みに1もしくは-1となる場合は2つの確立変数は線形従属の関係にある。


ココロの働きと仕組み
コミュニケーションに関する用語集