HOME > コミュニケーション用語集 >

空間知覚

空間知覚の特徴 ココロの働きと仕組み特徴 コミュニケーション用語集

空間知覚

 私たちは視野に広がる三次元の対象について、広がり、距離(または奥行き)・方向などのうちのいくつか、または全てを知覚する。

 「空間」のどこにその「事物」があるか、向き、大きさ、奥行き、立体感などを指している。このような三次元における位置の知覚のことを空間知覚という。

 たとえば、体操の選手は空中で回転したりいろいろな向きに身体をひねり、動きながら鉄棒をつかんだり飛び越えたりできる。これは空間知覚によるものである。


空間知覚とその例
ココロの働きと仕組み
コミュニケーションに関する用語集