HOME > コミュニケーション用語集 >

集団生産性

コミュニケーション用語集 集団生産性

集団生産性

人が集団になることによって、どれだけ物や価値を作り出せるかという概念を集団生産性という。スタイナーは集団がその潜在的な集団生産性の最大値を獲得することは実際には難しく、

実際の生産性=潜在的生産性 - 集団になることによる損失
         +集団になることによるメリット

という公式が成り立つと主張している。集団になることによる損失とは、連絡網の複雑さによる非効率などが挙げられ、集団によるメリットとは、分業化による作業の効率化などが挙げられる。また集団においては、他のメンバーの努力を、努力すること無く獲得するただ乗り現象や、最大限の努力をしない、社会的手抜きが発生する。


コミュニケーション用語集
集団生産性