HOME > コミュニケーション用語集 >

離巣性と就巣性

ココロの働きと仕組み コミュニケーション用語集

離巣性と就巣性

 生まれて程なく自分の足で立ち上がり、自力で親のところに行って乳を吸うことができる動物を離巣性の動物という。

 離巣性の動物は進化の上でかなり特殊化した身体の構造をもち、脳が発達し、長い妊娠期間で少数のこどもを産む。

 反対に、親の擁護がなければ1日として生きていけない頼りない状態で生まれてくるのを就巣性の動物という。


ココロの働きと仕組み
コミュニケーションに関する用語集