HOME > コミュニケーション用語集 >

透明性の錯覚

コミュニケーション用語集 透明性の錯覚

透明性の錯覚

透明性の錯覚とは人間は自分の考えや感情を相手が理解していると思い込みすぎる傾向があるとする理論です。透明性の錯覚理論はギロビッチという心理学者が「集団による問題解決実験」という実験により確かめられました。

人間は自己中心性を持っていて全ての物事を自分を中心に考えがちです。そのため、自分が思っていることを相手が解っていると必要以上に思い込んでしまうのです。ただ現実的には相手はさほど他人に関心がありませんし、他者の気持ちを解るわけでもないのです。透明性の錯覚を元にすれば必要以上に他人の目を気にしないことがリラックスした会話をするうえで大事だといえます。


コミュニケーション用語集
透明性の錯覚