HOME > コミュニケーション用語集 >

無条件反射

ココロの働きと仕組み コミュニケーション用語集

無条件反射

 動物において、訓練や経験によって後天的に獲得される反射行動のことである。

 パブロフが犬を被験体として唾液の分泌を題材に研究した。

 食物を口に入れると犬に限らず唾液が分泌される。これを反射(無条件反射)という。


ココロの働きと仕組み
コミュニケーションに関する用語集