HOME > コミュニケーション用語集 >

うつ病

コミュニケーション用語集 ココロの病気とカラダ

うつ病

うつ病とは、抑うつ気分、不安・焦燥、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患を意味します。うつ病患者は、重複して躁病を経験することがあります。躁病とは気分の異常な高揚が続く疾患を意味します。うつ病躁病を併発する患者は双極性感情障害と言われます。人口の1%が双極性感情障害になると言われています。

これに対して、うつ病躁病のどちらかしか経験しない患者は単極感情障害であると言われ、人口の6%程度が単極性障害にかかる傾向にあります。また、原因のはっきりしている(家族の死、所有物の喪失)うつ病反応性うつ病、原因がはっきりしないうつ病内因性うつ病と定義されます。

うつ病は遺伝的要素が強く、一卵性双生児は一方がうつ病になると約60%の割合でもう一方もうつ病になります。うつ病の治療として、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(ブロザック)、選択的ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(パキシル、ゾロフト、ルボックス、レメロン)が薬として使われます。


コミュニケーション用語集
ココロの病気とカラダ