ホーム > コミュニケーショントレーニング >

傾聴の正しい意味を理解して正しいスキルを!

傾聴,意味,スキル


20 : レベル別のトレーニング方法

ボリュームのある話方のコツその1


・〜ない!は絶対禁止
今回からいよいよ発話の実践練習に入っていきます。いきなりですが、質問をさせてください。会話の相手に「好きな旅行先はどこですか?」と質問をされたら、どのように返すでしょうか?


試しにちょっと話してみましょう。






いかがでしたか?


一番NGなのが「旅行にはいかない!」という回答です。これはもうはっきり言って最悪です(^^; 正直は正直なのですが、会話はすぐに終わってしまいます。もし本当に旅行にあまり行かないとしても、よく出かける町を話してみたり、修学旅行の思い出でも良いので、何かをサービスしてお話する必要があります。



・一問一答は禁止


次にNGなのが、
「鳥取です・・・」
「温泉です・・・」
「ベトナムです・・・」

と一言で終わってしまう回答です。1問1答は聞き手にすごく負担になります。気を使ってまた質問をしなくてはならないですし、話す気がないのかな・・・と閉鎖的な印象を持たれてしまいます。一問一答も基本的に控えるように心がけてください。



・5wを覚える

ではどうすれば話を膨らませる事ができるのか?講座では様々なスキルを練習しますが、まずは基本として最低限5Wを抑えるようにしましょう。5wとは以下の5つです。


When  ・・・時間・時期など説明する
Where ・・・場所の特徴
Who  ・・・人に関わること 人物の特徴など
Why  ・・・理由、きっかけ 
What  ・・・どんな特徴があるか


時間・場所・人・きっかけ・特徴、 この5つは是非暗記しておきましょう! 英語で覚える必要はありません。


日本語で、
時間・場所・人・きっかけ・特徴
時間・場所・人・きっかけ・特徴
時間・場所・人・きっかけ・特徴


30回は唱えてくださいね!




・5Wを使った具体例

さて、5wが暗記出来たとして次に進んでいきます。例えば会話の相手に「どこに住んでいますか?」と質問をされたとします。すると以下のような解答例が考えられます。



結論   「私が住んでいるのは大口です」

時間    3年前から
人     1人暮らし 
場所    横浜から意外と近くて電車で5分ぐらい
きっかけ  木造の建物が気に入った
特徴    庶民的な町で、大きな商店街などが
      有名でなかなか面白い


現実的には5つ全てを使わなくてもOkです。3つぐらい使えれば、充分会話として成立します。



例えば上記の例ですと、

「どこに住んでいますか?」
 ↓

 パターン1
「私が住んでいるのは大口です。 横浜から電車で10分ぐらいの距離にあります(場所)。 いま、一人暮らしをしてるのですが、(人) 木造の建物が気に入ったので住み始めました(きっかけ)」


 パターン2
「私が住んでいるのは大口です。 3年前から(時間)、一人着らし(人)をしています。 庶民的な町で大きな商店街があるので 面白いですよ〜」

このようになります。




・練習問題

それでは実際に練習をしてみましょう!以下の質問に対して、 5wのうち、3つ以上を使って30秒程度で回答してみてください。


質問1
・どこに住んでいますか?

質問2
・好きな食べ物はなんですか?

質問3
・休日とか何をしていますか?

質問4
社会人
・お仕事は何をしていますか?

学生
・好きな科目はなんですか?

質問5
・趣味はなんですか?


以上です!この質問は雑談において、とてもよく出てくる質問です。是非何度も練習しておきましょう。5wは会話の土台です。どんな話題でも必要な情報になります。話すのが苦手な方はまずは、5wを暗記して、最低限話すように心がけましょう。


30秒話すことに慣れたら次の課題に進んでください♪





 | 

コミュニケーション講座



コミュニケーション能力トレーニング

トレーニングの流れ
知識編
心理学でコミュ力UP
聞き上手になるコツ
話し上手になるコツ
初対面のコミュニケーション
相手の気持ちを知る方法
上手な自己主張
イライラ対処


傾聴の正しい意味を理解して、正しいスキルを身につけていこう♪