ホーム > コミュニケーショントレーニング >

初対面での完璧主義を克服!非合理的な思い込みの心理を解説!

完璧主義,克服,心理


27: 初対面の考え方を変えてみよう!


・初対面に対する考え方ってどんなの?

前回のきっかけづくりはうまくいったでしょうか? 飲み会や、仕事…色々な状況で考えてみて下さいね。


さて、初対面の会話では考え方の修正というのも大事になってきます。


「自分は初対面が苦手だ…」と考える人と、「自分は初対面でもちゃんと話せる!」 と考える人では、当然後者の方が上手くやっていけます。


そうした初対面に対するネガティブな考え方を持っていると、会話にブレーキを掛けてしまうことがあります。


自分が初対面に対してどう考えているか?ということは重要なことなのです。


もし、初対面に対するネガティブな考え方を持っていたとしたら、考え方を変えていく必要があるということです。


今回は初対面が上手くいく考え方の修正法をやっていきましょう!



・非合理的な思い込みが邪魔をする

初対面の会話を阻害するもの、それは「べき思考」です。 べき思考とは「うまくしゃべらなければ!」「良く見られなければならない!」といった「~せねばならない」といった思いが強い考え方です。


この「べき思考」が強すぎると、上手にしゃべることばかりにとらわれて、意識しすぎるあまり上手く喋れなくなってしまうのです。


確かに「うまくしゃべらなければならない」と思って、自分なりに努力したり工夫をするということは大事です。 しかし、「うまくしゃべらなければ」という思いが強く出すぎると、肝心な言葉が出てこなかったりします。


また、会話の雰囲気がかたくなってしまって、余計しゃべりづらくなってしまうといったこともあります。


このような「べき思考」にとらわれて、初対面の会話が上手くいかなかったら残念ですよね。



・「べき思考」を修正してみよう♪

では、この「べき思考」にとらわれている場合は、どのように修正していけばいいでしょうか? そのポイントとなるものは“柔軟に言いかえる”ことです。


その中で基本となるものは、これまでお伝えした認知行動療法の考え方です。 詳しくはトレーニングの7回~12回を参照してください。


(認知行動療法についての復習はこちらへ「7 : 心理学は認知行動療法が基本」)

その中に、自動思考というものがありましたね。 この自動思考を修正していくためには、別の可能性を現実的に考える=反駁練習という練習をしました。


べき思考の修正もこの反駁を活かしたものです。 非合理的な思い込みを柔軟に言いかえて、考え方を変えていってみましょう!



問題 次の「べき思考」を修正してみましょう!

① 「人から良く見られなければならない」
 ⇒言い変えてみよう

② 「失敗してはいけない」
 ⇒言い変えてみよう

③ 「上手く喋らなければいけない」
 ⇒言い変えてみよう


上手く言いかえることができましたか?
では、解答例を見てみましょう。



解答例
① 「人から良く見られなければならない」
 ⇒「人の評価は変わりやすいから、あまり気にしない」
 「あくまでも自然体で行こう!」


② 「失敗してはいけない」
 ⇒「1度失敗したとしても死ぬわけじゃない」
  「失敗もあとで笑えればいいじゃないか」


③ 「上手く喋らなければいけない」
 ⇒「上手くしゃべれることが目的じゃない」
  「上手くしゃべることより会話を楽しもう!」



このように考え方を修正して、がんじがらめになっている初対面へのイメージを直していく必要もあります。 やはり、「こうあらねばならない!」と肩に力を入れた状態では、会話も楽しめないですしね。


もし、初対面が苦手だと感じたら、自分の「べき思考」は何かを考え、柔軟に言いかえて修正していきましょう♪



【今日のポイント】
★「べき思考」は会話の雰囲気をかたくする
★柔軟に言いかえて、「べき思考」を緩和しよう!




 | 

コミュニケーション講座



コミュニケーション能力トレーニング

トレーニングの流れ
知識編
心理学でコミュ力UP
聞き上手になるコツ
話し上手になるコツ
初対面のコミュニケーション
相手の気持ちを知る方法
上手な自己主張
イライラ対処


初対面での完璧主義を克服!非合理的な思い込みの心理を解説。柔軟な考え方に変えて、初対面に強くなろう♪