ホーム > コミュニケーショントレーニング >

しぐさから相手の心理を読み取る力を身につけよう!好意をもたれるためのスキル習得方法を解説!

しぐさ,心理,好意


33: しぐさの読み取り名人になる方法!


・視線や動作から心理を読み取る

前回は非言語コミュニケーションアップの方法として、言葉と表情と声の抑揚に注目して、一致しているかをチェックすることが大事であることを述べてきました。
言葉だけで判断せず、相手の非言語情報にも目を向けていくことが、相手の気持ちを理解する上では大事になってきます。


では、今回は相手の視線や動きなどのしぐさの読み取り方についての方法を紹介していきたいと思います。



・しぐさにこそ本音が見える!

相手の話しが長いな~と思った時、時計をチラチラと見るしぐさを見せる。
同意できない話しに対して腕組みをするしぐさをする。
など、私たちがコミュニケーションを取る時、さまざまなしぐさをみせます。
そこには、手や足、視線や姿勢など体にさまざまな動きを見せます。
このように、会話の中では言葉だけではないサインを出してコミュニケーションを取っています。



・空気が読める=しぐさが読める!

では、なぜ人は “言葉 ”ではなく“しぐさ ”で感情のやりとりをするのでしょうか。
それは、しぐさで感情を伝えるほうが言葉で伝えるより、心理的な負担が少ないからです。
相手の話しが長いことに対し、「時間がないのでもう帰ります!」と言うより、時計をチラチラとみて“そろそろ時間だよ”と察してもらう方が、心理的負担が少ないのです。
つまり、しぐさには


①伝える側の心理的負担を少なくする。
②人間関係に角が立たないよう
 間接的にマイナス感情を伝えている。


という意味が含まれています。

ですから、相手のしぐさから意図することが読み取れなければ、「わからないやつだな!」というマイナスの評価を与えてしまうかもしれません。
しぐさには本音が表れやすいからこそ、ちゃんとに読み取る力をつけていかないと、痛い目にあってしまうかもしれませんね!



・視線・姿勢・動作が三大チェックポイント

では、これから相手のしぐさを読み取るポイントを理解し、本音を読み取る力をつけていきましょう。
ポイントとなることは以下の点です。
「視線」「姿勢」「動作」に注意を向けてみましょう!

視線…自分とちゃんと眼が合うか?
周りのことにきょろきょろと目線が移っていないか?

姿勢…興味がある場合は前のめりになる。
興味がなければ後にそらしたり、腕組みをする。

動作…ひげを触る、髪をいじる、机においてある物を必要以上に触る…
など会話中には人には様々な動作が見られます。一つ一つの動作にどんな心理が隠れているか考えてみましょう。

では、以上のポイントを押さえて、問題に取りかかってみましょう♪



・問題

友達との会話の中で以下の動きが見られました。
あなたは相手の心理をどのように考えますか?

【視線】
①車のキーをポケットから取り出し時計を見る
      ⇒

      ②目線を合わせず、まばたきが多い
      ⇒

【姿勢】
①足を大きく広げ、手を頭の後ろで組んでいる
      ⇒

      ②背筋を伸ばしてまっすぐ座っている
      ⇒

【動作】
①頻繁にスマフォをいじっている
      ⇒

      ②あご、ひげをよく触る
      ⇒

考えられたでしょうか?実際の会話ではもっと、色々なしぐさが見られるでしょうから、色々な視点で見れるといいですね!

では、問題の解答例を見てみましょう。



・解答例

【視線】
①車のキーをポケットから取り出し時計を見る
話を切り上げたいと考えている場合が多いでしょう。「お時間大丈夫ですか?」といった声かけをしてみるのが望ましいです。

②目線を合わせず、まばたきが多い
目線を合わせないでまばたき多い場合は相手が緊張していることが考えられます。
単純に目線が合わないときは、あなたのことを好意に思っていないことが考えられます。


【姿勢】
①足を大きく広げ、手を頭の後ろで組んでいる
リラックスしている一方で退屈している。
違う話題に切り替えて、話しの流れを変えてみるのもいいかもしれません。


②背筋を伸ばしてまっすぐ座っている
緊張している場合もあるが、堂々として自信に満ちている場合もあります。
場面によって考えてみましょう。


【動作】
①頻繁にスマフォをいじっている
その場に退屈していることが考えられます。
あまりにも長い間、いじっているようであれば、あなたに興味がないことが考えられます。


②あご、ひげをよく触る
何か考え事をしていることが考えられます。
目下の人に対して見られるしぐさで、目上の人の前では見られないでしょう。




・しぐさを読み取って会話を楽しく!

このように言葉以外のしぐさから、相手の本音が読み取れます。
上で紹介した問題はほんの一例にすぎません。会話の中でしぐさにも注意を向けておけば、相手のことをもっと理解しやすくなります。


その人が「なぜそのしぐさをしたのか?」といったことを考えながら、観察することも必要でしょう。
そうすることで、相手を見る視点も広がって会話も楽しくなってきます^^
そうして、会話をする際にはしぐさを読み取る力も付けていってくださいね♪


 
【今日のポイント】
★ しぐさに本音があらわれる!
★ 「視線」「姿勢」「動作」に注目しよう!



 | 

コミュニケーション講座



コミュニケーション能力トレーニング

トレーニングの流れ
知識編
心理学でコミュ力UP
聞き上手になるコツ
話し上手になるコツ
初対面のコミュニケーション
相手の気持ちを知る方法
上手な自己主張
イライラ対処


相手のしぐさから心理がわかる。動作や視線から読み取って好意をもたれる。非言語能力を身につけて本音がわかるスキルを身につけよう!具体的な方法を詳しく解説♪