>
>
>

心理学を仕事ビジネスに活かす

心理学,仕事,ビジネス


心理学を仕事ビジネスに活かす

ビジネスは全て心理学からはじまる?

コミュニケーション総合コラム担当川島です。当コラムでは講師業を通して感じていることをざっくばらんに書かせて頂いています。最近の私の読書は心理系50%、経営系30%、その他20%(歴史、宗教、漫画)ぐらいです。今年はわりと経営学の本を読んでいる方だと思います。最近思うのが経営学と心理学はとても近いという点です。

結局のところ、買う、買わないという基本原理は人間の心が決めるわけですから経営学の基盤は心理学といっても過言ではないかもしれません。私は、大学1~2年ぐらいの間は、心理学をどこか馬鹿にしていました。どこか女子の占いのような印象を持っていて、胡散臭い世界といいますか、心理学勉強しているなんて情けないという気持ちです。

最初は自分が病んだために、自分を救うため、嫌々心理学を勉強し始めたのですが、その深さに大学4年の頃からどっぷりと浸かってしまいました。私にとって心理学は自分の心を救ってくれたとてもありがたい学問であるとともに、それ以上の効果として仕事の力が付いたように思います。

物事の価値は人間の心が決める

物事の価値って人間の心が決めるわけですね。これってすごいことです。例えば、もし仮に世界中が「私」になったとしたら、たちまち「金(キン)の価格は暴落します。私は金には興味がないので、必然的に価格は下がることになります。

逆に王将の株価は5倍程度に増え、電源付きのカフェが5倍に増え、麻雀店も10倍程度に増えるでしょう。鳥取県行きのツアーも20倍ぐらいに増え、伊勢神宮以上の観光スポットになるでしょう。結局、需要があるとかないとかの、始点は全て人間の心が決めています。

 

心理学を学ぶことで仕事を有利に

そこで、人間の心を理解する上で役に立つのが心理学です。心理学を学ぶことで、仕事でも大きく役に立つ場面があります。例えば、
・相手の気持ちがわかることで交渉がうまくいく
・社内でのコミュニケーションがスムーズにいく
・取引先の需要を上手に聞き出すことができる

など、ビジネスの場面で役に立つことがたくさんあります。心理学がすべて万能ではありませんが、仕事をスムーズに進める上でかかせません。ぜひ一度勉強してみてくださいね♪

今回は心理学と仕事の関係についてお伝えしました。次回も心理学と仕事との関係についてお伝えし、ビジネスに活かせる要素を紹介します。

★心理学は仕事に活かせる
★ビジネスの場面に当てはまる部分が心理学に多い
★人の心を理解する心理学を覗いてみよう!


心理学を仕事ビジネスに活かす!人の気持ちで物事は左右される!