>
>
>
コミュニケーション能力を自己開示で高める

コミュニケーション能力向上のカギは傾聴力!「自己開示」で高める⑥

前回のコミュニケーション能力-傾聴⑤では、「感情の明確化」を紹介しました。相手の気持ちに働きかける、信頼関係も構築できるコミュニケーション能力でしたね。例文を参考にプロセスを理解して、実践していきましょう。

6回目は、「自己開示」を解説します。コミュニケーション能力を傾聴スキルで伸ばそう

自己開示とは

自己開示は、自分の経験や考え方、感情を相手に返す傾聴スキルです。

「自分の事を、積極的に話すのには抵抗が…」と思う方もみえると思いますが、自己開示は人間関係を築くために欠かせないコミュニケーション能力です。

Levinger(1993)という学者が発表した、関係形成モデルでは
「人間関係は、お互いが自己開示をすることで深まってく」
と提唱されています。

人間関係は、互いに自己開示することで深めることができるのです。

例えば、次のように自己紹介をしたとします。

「私は、岐阜県の郡上の出身です。自然が豊かで川遊びも楽しめる場所なので、夏には観光地として人気が高い場所です。お盆の時期に行われる郡上踊りも有名ですよえ。〇〇さんのご出身はどちらですか?」
コミュニケーション能力を伸ばす自己開示

この自己紹介に対して、2つの回答を見てみましょう。

Aさんの回答
「私は、滋賀県の高島市の出身です。地域は水の都として最近観光地化しています。郡上と似ていますね。琵琶湖が近いので、ゴールデンウィークやお盆の時期はツーリングや湖水浴、キャンプに来る人が多いですよ!」

Bさんの回答
「出身ですか、ちょうど○○のあたりです。」

Aさんのように自己開示しながら回答してくれれば、もっと互いを知りたいと思うことができます。

しかし、Bさんのような回答の場合、とても残念な気持ちになりますね。聞いてはいけないことを質問してしまったのでは…とネガティブなことも考えてしまいます…。

相手の話を一方的に聴くだけでは上手な会話を組み立てることはできません。相手の発話を参考に、自分のことを織り交ぜながらある程度自分勝手でOK!積極的に自分を伝えることが自己開示です。

自己開示の効果・メリット

自己開示を進めていくと、互いの親密度や信頼を高めることができます。また、ある程度自分勝手な自己開示をすることで、傾聴の気疲れを軽減することもできます。

自己開示のスキルは、結果的に互いに楽しい会話を作ることができるコミュニケーション能力といえます。

信頼感を高めるコミュニケーション能力

自己開示で楽しくコミュニケーション能力UP!

ここで、自己開示の例を見ていきましょう。

例1
「学生時代から卓球をやっているんだけど、友達から大会に誘われたので出場したんだ。結構自信があったんだけど、1年前に始めた友達の方が順位が上で、恥ずかしかったよー。」
   ↓
「卓球をずっとやっているんだね。私は、バスケットボールをずっとやっていたよ。今は全然やってないけどね(笑)。○○さんは、大会に出場できるっていうだけでもすごいと思うよ。卓球はド素人だけど、今度対戦してください」

例2
「昨日クラシックの演奏会にいってきたの。オーケストラの生の演奏はやっぱりいいなーと思った。特にフルートの音色がすきなんだ。木管楽器ならではの素朴な音色は心が落ち着いて好きだな」
   ↓
「クラシックの演奏会ですか、心が穏やかになる時間が過ごせてよかったですね。私はハード系の音楽が好きで、実はバンドもやってるんです。キーボード担当なので、気が向くといろいろなジャンルの音楽も弾いてますよ。」

ポイントは、相手の発言に対して「事実+感情」を織り交ぜる事です。親近感を持ってもらいやすくなります。

自己開示については、気遣いはそこそこでOK!自己開示のコミュニケーション能力では、自分勝手を大事にしてくださいね。

実践!自己開示をトレーニング

例文から、自己開示のイメージはできましたか。ここで、練習問題を少しやってみましょう。

練習1
自分の住んでいる場所について自己開示してください。

 

 

解答例
私は大阪市北区の天満駅近くに住んでいます。近くに天満商店街があるんですが、昭和レトロな下町感満点の商店街で、日本一長い商店街としても有名なんです。とてもおいしいたこ焼き店があるので、遊びに来た時にはぜひ一緒に食べに行きましょう。

 

練習2
自分の好きな食べ物について自己開示してください。

 

 

解答例
私はサバの塩焼きだ好きです。毎日食べても飽きませんね。外食ではなかなか思った味に巡り合えないので、スーパーで購入したサバを自分で調理して食べています。サバの脂と締まった身、自分好みの塩加減で食べる感じがとても好きです。

 

練習3
自分の職業(勉強)について自己開示してください。

 

 

 

解答例
私は獣医になる勉強をしています。昔から動物が大好きで、動物に関わる仕事に就きたいと思ったのがきっかけです。生き物を相手にした仕事は大変だと思うんですが、いつか多くの命を助ける仕事ができたら幸せだと思っています。

注意点!傾聴姿勢は大切に

人間関係を構築してくれる「自己開示」は、たまには空気を読まない発言があってもOK!ある程度自分勝手には発言してもOKとお伝えしてきましたが、注意点が1つあります。

自己開示は
話を奪いすぎない!!

自己開示は傾聴のスキルです。傾聴姿勢は大切にしてくださいね。

互いに楽しい会話ができるコミュニケーション能力として、自分らしく自己開示して会話を楽しんでいきましょう。

次は、「コミュニケーション能力を向上!会話のコツ「肯定返し」は幸福度もUP⑦」です。引き続き傾聴力をUPさせていきましょう。



例文と練習問題を実践して習慣化しよう