>
>
>
コミュニケーション能力UP!繰り返し表現

コミュニケーション能力-発話⑤繰り返し表現

コミュニケーション能力-発話④では、具体例で会話をより魅力的にする方法をご紹介しました。「例えば-具体的には?法」を使って、発話スキルを磨いてコミュニケーション能力を高めていきましょう。

今回は「繰り返し表現法」です。

繰り返し表現法とは?コミュニケーションと感情表現

繰り返し表現法とは、自分が発した言葉について、言葉を変えてもう一度話す技法です。繰り返し表現法でコミュニケーション能力UPをまずは、次の2つの発話を読んでみてください。それぞれどんな印象をもちますか?

例1
「今日はお台場に行ってきました。楽しかったです。」
「○○店のピザが美味しかったです。」
「アプリのゲームにはまっています。」

例2
「今日はお台場に行ってきました楽しかったです。
イベントに参加してすごく盛り上がりました!

「○○店のピザが美味しかったです。
2人前くらい食べられそうです!

「アプリのゲームにはまっています。
 寝る間も惜しんでやっています。

いかがでしょうか。例1より例2の方が、話し手の感情が強く伝わる印象がありませんか。ポイントは「繰り返すこと」です。

例2は、例1の文章の後ろに、同じ意味合いの文章を言葉を変えてプラスしています。伝えたい重要な気持ちは、1回だけでなく繰り返し伝えることで強調することができるのです。

繰り返し表現法の効果・メリット

繰り返し表現法は、発話にボリュームとわかりやすさをプラスしてくれます。そして、感情表現が豊かになりコミュニケーション能力をグッと引き上げることができます。
・発話に苦手意識がある方
・話がすぐに終わってしまう方、
・会話が淡泊になってしまう方
に特におすすめのコミュニケーションスキルです。コミュニケーション能力を高めるポイント

繰り返し表現法の例文

ここで、繰り返し表現法の例文をチェックしてみましょう。

例文1
「修学旅行では東京スカイツリーが思い出に残っています。」

短文ではなく繰り返してみましょう!

「スカイツリーを見るたびに、当時の記憶がよみがえります。」

例文2
「人前で話すのがすごく苦手です!」

短文ではなく繰り返してみましょう!

「マイクを持つと汗が止まりません」

繰り返し表現法は、強調した気持ちを、他の表現に変えて繰り返します。コミュニケーション能力を伸ばすわかりやすく発話づくりに活用できます。

例文と問題からコミュニケーション能力を高めよう

実践!練習でコミュニケーション能力を伸ばそう

次の文章に 「繰り返し表現」に使ってみましょう。

練習問題1
「細田守監督の映画が大好きです。」
繰り返し表現を使って変えてみましょう。
→                   

 

解答例
「細田守監督の映画が大好きです。特に「おおかみこどもと雨と雪」が好きで、毎日見ても飽きませんねー」

練習問題2
「仕事帰りのマッサージは疲れが取れて気持ちがいいです。」
繰り返し表現を使って変えてみましょう。
→  

           

解答例
「仕事帰りのマッサージは疲れが取れて気持ちがいいです。至福の時間はあっという間なんですよね。」

練習問題3
「一日の始まりには必ずコーヒーを飲みます。」
繰り返し表現を使って変えてみましょう。

 

解答例
「一日の始まりには必ずコーヒーを飲みます。目が覚めてすっきりした気持ちになります!」

コミュニケーション能力を高めていこう

練習+語彙力!コミュニケーション能力UP!!

繰り返し発話法は、強調したい気持ちを表現しなおすため慣れるまでにトレーニングが必要です。また、言葉を置き換えるスキルも必要なため、語彙を増やす努力も欠かせません。繰り返しのトレーニングの中で、コミュニケーション能力を伸ばしていきましょう。

次回は、コミュニケーション能力-発話⑥「~ぐらいで法」を解説します。お楽しみに!