>
>
>

コンプレックスを克服!問題と原因、4つの解決策を専門解説

コンプレックス,克服


コンプレックスを克服するには?問題・原因・解決法⑥

コラム⑤では、コンプレックスを克服する方法の1つ「自分の価値観を大切にする」についてご紹介しました。ご紹介した「ライフストーリー・レビュー」の考え方を元に、自分の価値観を整理し大切にしてくださいね。

今回は、コンプレックスコラムの最後です。これまで5回のコラムでご紹介してきた内容を一緒に確認していきましょう。

コンプレックスとは?

コンプレックスとは、「劣等感」や「自分の嫌いな部分」として、これまでお話を進めてきました。自分の行動に無意識に影響を与える部分ともいえるもので、代表的なものに「学歴コンプレックス」や「容姿コンプレックス」があげられます。コンプレックスは誰しもが持っている可能性がありますが、強すぎるコンプレックスは時として問題となるため適切な対処が必要でしたね。

コンプレックスとの付き合い方

コンプレックスの問題点

コラム①では、コンプレックスが強いことで生じる問題についてお伝えしました。

問題は
・過激な解決行動をとる
・自己肯定感が低くなる
の2つでしたね。

コラム①でご紹介したコンプレックス傾向診断・チェックで、自分の状況をまずは確認できましたか。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

コンプレックスへの対処法

コラム②③④⑤では、コンプレックスを解決する具体的な方法をご紹介しました。

コンプレックスへの対処法

1:リフレーミング法
コンプレックスへの対処法として、自分のコンプレックスとなる部分の長所を探す「リフレーミング」をご紹介しました。

短所は長所の裏返しでもあります。リフレーミングをすることで、自分のコンプレックスを自信に変えていきましょう。コラム② でご紹介した練習問題に取り組みながらコツを身に付けていきましょう。

2:本棚セラピー
コンプレックスへの対処法として、自分の長所や資源に目を向けていく「本棚セラピー」をご紹介しました。

リフレーミングで短所を長所として捉え直したら、本棚セラピーで自分の長所を更に探して自己肯定感を育てていきましょう。本棚セラピーのやり方はコラム③の本棚セラピーの絵柄を参考に取り組んでいきましょう。

3:「批判に過剰反応NG→現実検討力UP」
コンプレックスへの対処法として、人からの評価に左右されない考え方をコラム④でご紹介しました。人の評価を冷静に客観な視点で評価してみる練習や、少しでも自分に対してよい評価をしてくれる人を探すというワークでしたね。

例えば、よくない評価を受けた時も、意外とそこまで批判されているわけではないことに気づけるのではないかと思います。そして自分によい評価をしてくれる人は大切にしてください。評価にあまり左右されずに落ち着いて生活できるといいですね。

4:自分の価値観を見つけよう
コンプレックスへの対処法として、自分なりの基準や価値観を創っていく事の大切さをコラム⑤でご紹介しました。

あなた自身の価値観について振り返りをしながら整理するライフストーリー・レビューという考え方で、あなたのこれまでを振り返ると、幸せを感じることは様々あるのではないかと思います。ここでは丁寧に自分と対話してみてください。自分が幸せと感じるものを大切にできるといいですね。

コンプレックスとの付き合い方を探そう

コンプレックスは、誰しものがもっているものです。過度なストレスとならないために、そのコンプレックスと上手く付き合っていくコツを身に付ける事が大切です。

コンプレックスと上手に付き合う

コラムでご紹介した4つのコンプレックスへの対処法を参考に自分にあった付き合い方を見つけて、これからの毎日をよりハッピーにしていただけたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「コンプレックス」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!コンプレックスと上手に付き合う事は、あなたの心と体を健康にしてくれます。そして、日々の生活の視野が広がり、幸せを感じやすくなると思いますよ。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★4つの対処法でコンプレックスと上手に付き合っていこう



4つの解決策を実践しよう