>
>
>
認知症‐アルツハイマー,脳血管性,ピック病について解説

認知症‐アルツハイマー,脳血管性,ピック病について解説

認知症とは、脳の萎縮や損傷によって、記憶力や認識力、判断力などが低下する病気です。

さらに、能力の低下によって社会生活に支障をきたします。感情の変化や、人格の低下などを伴い、情緒不安定となる症状もあります。

認知症の症状

認知症の症状には大きく分けて、中核症状と周辺症状の2つの症状があります。

中核症状

中核症状とは認知症の基本的な症状のことです。
例:記憶障害、理解力の障害、判断力の障害、言語障害など

周辺症状

周辺症状とは、中核症状とはいえない行動や心理症状のことを指します。
例:妄想、不安、焦り、攻撃的、不機嫌など

このように、認知症の方は、記憶力や理解力の低下などの中核症状の他に、不安や焦りなどの心理的症状も含まれます。

そのため、感情のコントロールがうまくできない、情調不安定になってしまっていることが多いです。

認知症の患者数

認知症は高齢化社会に伴って増加している疾患でもあります。

厚生労働省によると、認知症の患者数は増えてきており、2020年に約292万人に達するといわれています。高齢者の約8.9%が認知症を有するということになります。

また、65歳以上の高齢者だけでなく、45歳以上65歳未満の”若年性認知症”もあります。

認知症の種類

認知症の種類には大きく3つの種類があります。
①アルツハイマー型認知症
②脳血管型認知症
③ピック病

の3つです。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症は、脳の病的萎縮による記憶や思考の障害です。進行性で、症状が進むと日常生活の活動もできなくなる病気です。

年齢70歳以上で多い
原因βアミロイドや
タウタンパクの蓄積
心理的症状物盗られ妄想、感情の平板化
理解力・思考力の低下など

 

アルツハイマー型認知症の前期では、物忘れの記憶障害や時間や場所の見当識障害が特徴的です。

後期では、急に喜んで手を叩いたり、何もないところで泣いたりなどの情緒不安定な状態に見舞われます。

脳血管型認知症

脳卒中など、脳組織が損傷されることで認知症が出現するものを言います。

年齢50歳以降から増加
原因脳卒中や小さな脳梗塞による
心理的症状イライラ感、感情失禁など

 

感情失禁とは、少しの刺激で過剰に笑ったり、泣いたり、怒ったりして、感情のコントロールがきかない状態です。

ピック病

ピック病は脳の前頭葉と側頭葉が萎縮する病気です。

記憶障害よりも人格の変化が特徴的です。
・温厚な性格の人がすぐに怒る
・人の話を聞かずにしゃべり続ける
・他人に無関心になる

などの症状が見られます。進行していくと、動きが緩慢になったり、無言の状態になっていきます。

認知症の治し方

情緒不安定の原因として考えられる認知症を改善するには、主に以下の方法があります。

①薬物療法
②リハビリテーション

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①薬物療法

・アセチルコリンエステラーゼ阻害薬
この治療薬は脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの分解を抑制する働きがあります。

アセチルコリンとは、記憶保持や集中、覚醒などの作用を担っています。このアセチルコリンの脳内の相対的濃度を引き上げることで、アルツハイマー型認知症の進行を抑えると考えられています。

・副作用
吐き気や下痢、食欲不振をもよおすことがあります。運動器ではふらつきなどの歩行障害がみられています。

また、精神的な副作用として攻撃性の増加や興奮があり、暴言や暴力などにつながることがあるため、注意が必要です。

アセチルコリンエステラーゼ阻害薬として現在日本で認可されているのはドネペジル、ガランタミン、リバスチグミンで、全て同様のメカニズムを持ったの治療薬になります。

②リハビリテーション

・音楽療法
歌を歌ったり、手をたたいたり、もしくは楽器を演奏することで認知症を改善していきます。

リズムや音の刺激で元気がわき、情緒不安定な状態が緩和していきます。単純に好きな音楽を聴くだけでも症状が和らぎます。

・回想法
昔の写真や思い入れのある品ものを用いて、過去について会話をするというリハビリ療法です。

昔好きだったものを思い起こすことで、脳を活性化させる療法。1対1で行う方法と、グループで行う方法があります。

また、本人の記憶に共感を示すことで、情緒不安定が軽減され、認知症の抑制が見込まれます。

情緒不安定を和らげよう

今回は認知症による情緒不安定を解説していきました。認知症は治療が遅れると、日常生活もままならなくなる危険な病です。

物覚えが悪くなった、感情をコントロールできないという症状が顕著に表れる場合は、早めに医療機関の方に受診するようにしましょう。

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献