>
>
>

恐怖心の正体となくすための3つのポイント!具体例も紹介

恐怖心


恐怖心の正体となくす方法!具体例と3つのポイント③

恐怖心を掘り下げる

コラム②では、恐怖心が膨らむ原因の1つ目「思い込みで恐怖心が膨らんでいる」の対処法についてお話してきました。

今回は、恐怖心が膨らむ原因の2つ目「プライドが高すぎて邪魔をする」の対処法です。

 

自分がダメと思われたくない

恐怖心と自己愛恐怖心の背景には、上地ら(2009)は自己愛と対人恐怖傾向についての関連を検討しています。自己愛とは簡単に言えば、プライドの高さのことです。自己愛というものは、基本的にどんな人でも持っているのですが、高すぎる場合が問題になってきます。

具体的には、自己愛の高い人の恐怖心の背景には「できないところを見せてしまったらどうしよう」「自分がダメと思われるのではないか」というものがあります。これらは承認・賞賛過敏性というものですが、実際に研究上でも対人恐怖との関連性がデータで実証されています。

この恐怖心は、コラム②でお話した恐怖心とは、少し感じ方が違うものです。誰しも持っている、自己愛と付き合っていくという課題は、やや長いスパンを見据えながら少しずつやっていきましょう。

自己愛の高さとどう付き合うか?

自己観察で恐怖心を軽減先ほどもお話したように、自己愛、つまりプライドがあるということは人間として素晴らしいことです。しかし、相手に「ダメと思われないか」という心配が膨らんでしまうほどのプライドは少し見直していく必要があります。

その対処法として、一番効果的なのは自己観察です。

①プライドが高いことを自覚する
②プライドが高さで不都合が生じること
③プライドの高さがどう生じているのか
以上の3つを自覚していくということが重要です。

以下の質問に答える形で、自己観察を進めてみてみましょう。

質問①
みなさんはどんな対人的場面や状況で恐怖心を感じますか?

 

解答例
⇒仕事で何かを発表する場面
⇒上司に進捗状況を報告する場面

 

質問②
質問①の場面に共通点はありますか?また、その状況にどんな恐怖感がありますか?

 

解答例
⇒自分の仕事の出来が試される場面だ!

 

質問③
なぜ恐怖心を感じるのでしょうか?質問②の解答を使って自分自身に「なぜ?」と問いかけて、空欄を埋めていってください。

質問②であげた恐怖心
↓なせ?
「           」
↓なぜ?
「           」

解答例
質問②であげた恐怖心
自分の仕事の出来が試される場面だ!

「できないことを周りに見られたらどうしよう」

「人から評価されないことが怖い。笑われたくない」

今回の解答例は、プライドが高い人にありがちな例です。人からネガティブに思われるのではないかという恐怖心が裏に隠れているように思います。さらに掘り下げていくと、本当は自分に自信がなく、笑われてしまうことが怖い、人に悪く思われることが怖いということが明らかになっていきます。

これが分かると、人に対して恐怖感を抱いているのではなく、人から評価される場面が怖いのだということになります。その点に気づけると、人からの評価について、どう付き合っていくかということが大切になってきます。

この解決方法としては、ご自身がフィットするような方法を見つけてもらえればと思いますが、

・ダメと思われても死ぬわけではない
・自分自身の中に目標を持っていく
・自分が褒められるところを見つける

などと考えて、乗り越えられている方がいらっしゃいました。どれもいい方法だと思います。

 

自分との対話が大切

恐怖心をなくす方法とは今回は、対人恐怖の背後に隠れる、自己愛、つまりプライドの高さとその付き合い方についてお話ししてきました。

付き合い方としては、自分のことをよく観察していくことと、内面をよく見つめていくということから始まります。少しずつ取り組んでみてください。

次回は、恐怖心が膨らむ原因の3つ目「自分ルールにしばられている」の対処法をご紹介します。

★ 自己観察で 恐怖心の本当の理由を 確認して対処しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・参考文献
J.G.Allen P.Fonagy(2011)メンタライゼーション・バンドブック MBTの基礎と臨床 岩崎学術出版上地雄一郎・宮下一博(2009)対人恐怖傾向の要因としての自己愛的脆弱性,自己不一致,自尊感情の関連性 パーソナリティ研究2009 第17 巻 第3 号 280–291大野裕(2003)心が晴れるノート うつと不安の認知療法自習帳 創元社



自己観察で本当の原因を知ろう