>
>
>
決断力をつけるには「ベターな決断」で対処

決断力をつけるには?「ベターな決断」で対処していこう③

コラム②では、決断力をつける方法として「決断力UP納期法」についてご紹介しました。今回は、優柔不断を改善する方法の2つ目「ベストな決断」についてご紹介します。

完璧な決断は存在しない!

決断力が低い人の特徴は、「完璧な決断」「100%の選択」をしようとします。「この選択が本当に正しいのか?」「まだ他にも良い選択肢があるのでは?」という考えが巡ってしまい、スムーズに決めることが難しくなってしまうのです。

しかし、現実的にはリスクのない決断や100%の選択というものは存在しません。実際に行動を起こしてみないとわからないことが多いためです。決断を先送りにする完璧主義な人は、「ベストな選択」を求め続け、情報収集やリスクへの対策に明け暮れます。ただ、判断材料や選択肢の多すぎて、逆に決断力を鈍らせている可能性があるのです。

選択肢が多いほど迷う理由

心理学者のSchwartz.B(2002バリー・シュワルツ)は、選択肢を増やせば増やすほど、どの選択肢も選べなくなってくる現象を「選択のパラドックス」として提唱しています。選択のパラドクスとは

情報や選択肢は、多ければ多いほど迷う
そして後悔もしやすくなってしまう

という人間の心理を意味します。選択肢が多いがゆえに、選ばれなかったものに目が行きがちになり、自分の決断に対して不信感を持ってしまうのですね。これまでを振り返ってみて、「これが最高の選択だ!」と思って決めたことは、実際どうだったでしょうか?おそらく、そうではないことも多かったはずです。思い通りだったこともあれば、見落としている点に気付くこともあるでしょう。

また、決めるタイミングでは、最高の選択に見えても、行動していく中で状況の変化もあるはずです。不確実なベストに時間と労力をかけてしまう…そんな人は「ベターな選択」でとりあえず先に進むがベターです(笑)

決断力つけるにはベターな選択を

「ベターな選択肢」を見つけるコツは、
①自分のゆずれないポイントを3つ挙げる
②決断のとき、その中の2つ満たせばOK
 と考えることです。

自分の基準を定めることで、選択肢の評価もしやすくなります。ただ、すべての条件を満たす選択肢にこだわってしまうと、どんどん行動が先延ばしになってしまいます。大幅なタイムロスというデメリットを考えると、2つの条件を満たした時点で、とりあえずやってみようと考える方が圧倒的に多くの経験値が得ることができます。

練習問題①

では練習問題で考えてみましょう!

①友人グループでいく旅行先を決めます。あなたのゆずれないポイントを3つ挙げてください。
②ゆずれないポイントを1つ捨てるとしたらどれにしますか?またどのように決断するとよいでしょうか。

 

 

解答例
①自然が豊か 5万円以内 ツアーがある
②ツアーはなくても、自分たちで計画してまわればいいか

 

練習問題②

①理想の異性ポイントを3つ挙げてください。
②ゆずれないポイントを1つ捨てるとしたらどれにしますか?またどのように決断するとよいでしょうか。

 

 

解答例
① 美人(イケメン) 理解してくれる 年収700万以上
② 美人(イケメン)でなくても、自分のことをわかってくれて、経済的な安定があればいい。どうせおじいさんやおばあさんになっちゃうし!

ベストに目を向けず決断しよう!

練習問題はいかがでしたか?決められない人にとっては「ベターな選択」を意識していても、はじめは最高の選択肢を探し続けてしまうかもしれません。しかし、一つづ体に覚えさせて習慣化していくことで、これまで不確実なベストを探すことに費やしていた時間や労力が削減されます。

さらに決断への不安やストレスが低減していき、人生への満足度も高くなっていくでしょう。

何かを決めるとき、「100%」や「完全」な選択というのは存在しません。そして決断した結果、得られるのは「失敗」や「絶望」ではなく、学習です。一歩踏み出した足でぬかるみだと分かれば、その足で別の軽やかに方向転換すればよいだけです。

「もっと情報を集めてから」「失敗したらどうしよう」とためらって決断を先延ばしすることは、逆にベストなタイミングを逃すことにもつながります。チャンスの女神に後ろ髪はありません。決断を早めることで人生において本当に大切なチャンスを掴めるようになるでしょう。

次回は、決断力を高める方法の3つ目「主体性をもって決断する」について解説していきます。

★妥協点を見つけて、決断力を高めよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



決断力をつけるには優柔不断の対処法を学ぼう