>
>
>
決断力をつけるには「主体性」を鍛えよう!

決断力をつける「主体性」の鍛え方!自分の意思を貫こう④

コラム③では、決断力が低い原因のひとつ「決断を先送りする完璧主義」を緩める方法についてお伝えしました。100%正しい決断を求めてしまう方は、「ベターな選択を目指す」「選択肢を絞る」ことを少しずつ意識して習慣化していきましょう。

今回は、決断力をつける3つ目として「周りの意見→自分の意思で決断」についてご紹介します。

主体性が決断力を高める

決断力が低下してしまうのは、「他人からのどう見られるか」「自分は周りから浮いていないか」など気にしすぎることが原因の一つです。周りと自分の決断が違うと、不安になってしまう傾向があるのです。このような他人が気になってしまう人は、「主体性を身に付ける」ことが大切です。

「7つの習慣」で世界的に有名な経営コンサルタントのスティーブン・R・コヴィー博士は、「主体性とは人間として自分の人生に対して自ら選択し、自ら責任をとるということ」と定義しています。

人は誰でも自由に振舞うことができます。これは、何か努力してできるようになるものではなく、すべての人に生まれつき備わっている能力です。どんなことを言われても、身の回りに何が起きても、自分の意思で判断し、行動することができます。この力の正体が「主体性」なのです。

主体性で得られる利点

「主体性」を持って決断すると、以下のようなメリットがあります。

①自分事として見れるようになる
何事にも自分の立場から物事を考えることができるようになります。自分の頭で考える鍛クセが身についていくのです。すると、モチベーションが上がり、「成功するにはどうしたら良いか」を真剣に考えるようになります。こうした自分事として物事をとらえる視点は、決断力を養ってくれるのです。

②自分の決断に自信が持てる
「自分の意思で決断」して、行動することで徐々に「決められる自分」に気付いていきます。こうした成功体験を積むことで、「自己肯定感」や「自分の決断に対する信頼」を持つことが出来ます。決断力はひとえに自信に左右されるところが大きいです。主体性を持つことで、すぐに決断できる「自信」を身に付けることができます。

「責任」が主体性を持たせる

自分の行動や決断の責任をとれるのは最終的には自分自身しかいません。決断力に自信がない方は、こうした思考が抜け落ちている可能性があります。そこで、責任を自分において選択や決断をしていく訓練をしていきましょう。他人の決断に流されてばかりいると、ミスや失敗があっても「自分の責任ではない」「自分だったらもっと良い方法を考えられた」と他人に責任を押し付けてしまします。

しかし、自分が他人に従ったことについて、その人が責任を負ってくれるとは限りません。むしろ、「従ったあなたにも責任があるでしょ」と切り返されることもあるでしょう。それであれば、自分の意思で決断や行動して、最終的に自分が責任を持つとした方が、失敗しても「誰かを責めることもなく」その後のフォローまで自分で考えることができます。

結果が出なくても、致命傷になることは少ない

「自分で責任を持つ」と聞くと、変にプレッシャーを感じてしまう人もいるかもしれませんが、そんなに重く考える必要はありません。実際には、自分の決断が責められるケースはほとんどありません。多くの人は自分が責任を取るのが怖いため、他に責任を持ってくれる人を望んでいるだけなのです。

そのため、失敗しても意外と感謝されることの方が多かったりします。現実には、「責任者の揚げ足を取ってやろう」といった悪質な人は滅多にいないので、程よい緊張感を持って質の良い決断ができるようになります。

決断力を高める3つの心がけ

ここで、主体性を持つための心掛けを3つお伝えします。

① 自分の考えを大事に!
周りからの意見や評価を気にしすぎず、自分の気持ちを大切にしましょう。人にどう思われるかよりも、「自分がどう思うか」気にするようにするのです。このような意識を持つことで、後悔しない選択を取れるようになります。思考のベクトルを自分の内面に向けて、芯を持った行動を心がけていきましょう。

② 最後は自分で決める!
「人のふり見て我がふり直せ」の考えは改めて、全てを自分自身で決断し、行動するクセを付けましょう。もちろん、自分の知らないことを詳しい人に聞いたり、他人の意見を参考程度に聞くのはOKです。ただし、最後は自分で選択するという意識が重要です。「私(自分)は何がしたい?」「どうすれば、満足できる?」と常に自分に問いかけて、自主的に決断するようにしましょう。

③ 個性を貫く!
人と違った意見を持つことは非常に価値のあることです。周りの意見を気にする人は、他者と違った考えを持つことを恐れてしまします。「YESマン」になっていては、新しい視点をも生まれないですし、ある種ロボットのような生き方になってしまいます。しかし、全く同じ人などこの世に一人として存在しません。人と違う部分を受け入れて、自分にとって価値のある決断・行動をするようにしましょう。

主体性で後悔しない決断を

このように、他人の意見に従うことで自分をガードすることは、決断力低下の原因になります。本音で決断して、丸腰になることで、いい意味で「危機感」を持つことできます。その結果、決断力が高まったり、自身の成長へとつながっていくのです。

「決断できる自分」に気付き目標や目的に向かって踏み出すことで、結果に関わらず満足のいく選択ができるはずです。ぜひ、少しずつでも主体性を持って「自分らしさ」を貫くよう意識していきましょう。

次回の決断力コラムは、これまで解説した決断力を高める方法のまとめです。改めて決断力低下の原因と改善策を復習していきましょう!

★決断力をつけるには「自分にどう見られるか」を意識しよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



決断力の鍛え方