>
>
>
幸福論「ブータン王国に学ぶ」幸せ

幸福論「ブータンは世界一幸せな国?」④

コラム③では、幸福論「人間関係と幸福」について解説していきました。良好な人間関係は幸せに良い影響を与えるという研究をご紹介しました。今回は「ブータンから学ぶ幸せの指標」について解説していきます

国民総幸福量(GNH)が基準

皆さんはブータン王国をご存知ですか。

ブータン王国といえば、世界一幸福な国を目指している国として有名です。ブータン王国では、「物が豊かになることが必ずしも幸福と繋がるわけではない」と唱えています。そのため、国の発展の度合いを測る基準には「国内総生産(GDP)」は使わず、国民総幸福量(GNH)使っています。

国民総幸福量(GNH)とは
国民全体の幸福度」示す基準です。

GNHは、1972年ブータン王国で初めて調査され、国の政策として活用されています。GNHは、4つの柱と9つの指標から成り立っています。

・GNHの要素:4つの柱

1.持続可能な社会経済開発
長続きする経済が、人々の安定につながる。

2.環境保護
自然を守り、今後の発展に努める。

3.伝統文化の振興
テクノロジーが発達しても古きよき伝統を重んじること。

4.優れた統治力 
優れた国王の統治によりに、国全体としての幸福度増加を目指す。

幸福論「ブータンの幸せの指標」

・GNHの要素:9つの指標

1.心理的幸福
物質的に満たされるのではなく、
精神面が満たされ幸福を感じられるかどうか。

2.時間の使い方とバランス
ワークライフバランスが取れた
暮らしを送っているかどうか。

3.文化の多様性
それぞれが地域に根付く文化を大切にし、
多様性を重んじれているかどうか。

4.地域の活力
皆が家族のように繋がりあうとともに、
集団として活気にあふれているかどうか。

5.環境の多様性
職場や住まいなどが多様であり、
気にあふれているかどうか。

6.良い統治
満足できる・信頼できるような
統治が行われているかどうか。

7.健康
健康を重んじているかどうか。

8.教育 
すべての人が平等に、
教育を受けることができる。

9.生活水準
最低限度の生活が
保たれているかどうか。

幸福度ランキングは低い…

ブータン王国は、幸せの国と呼ばれることが多いため、世界の幸福度ランキングも上位だと考える人が多いと思います。しかし、順位は日本よりも下です。

World Happiness Report (2019)では、幸福度世界ランキングが掲載されています。以下のグラフをご覧ください。

ブータン王国から学ぶ幸福論

まず、BEST3は
1:フィンランド
2:デンマーク
3:ノルウェー
という結果になっています。そして、日本は58位ブータン王国は95位という結果になっています。

BEST3と日本を比べてみると、
「人生を選択する自由」「寛大さ」で、大きな差がありますね。

BEST3の国は、仕事での残業時間が少なく定時に帰宅できる環境があるため、自由な時間が最大化できていると考えられます。また、日本は思いやり文化が根強い反面、失敗に対して寛容ではない側面があります。こうした完璧主義傾向が強い文化が、BEST3の国に及ばない結果につながっていると思われます。

・ブータン王国はなぜ幸福度が低い?

一方で、幸せの国と言われるブータン王国の幸福度がなぜ低いのか?気なりますね。

グラフからブータン王国は、
国民1人当たりのGDPが低いこと読み取れます。

冒頭でもご説明し通り、ブータン王国ではGDPをあまり重視していません。しかし、幸福度ランキングの調査項目の1つに、GDPが含まれているため順位が下落していると言われています。またブータン王国では、インターネットが解禁されたことで、スマホの普及が進み、情報過多になりつつあることから幸福度が低下しているのではないかという指摘もあります。

ブータンの指標から学ぶ幸福論

幸福論「ブータンのGNHを参考にしよう」

今回は幸せの国と言われる、ブータン王国の幸福論をご紹介しました。ブータン王国が調査したGNHを参考に幸せを高めていきましょう!

幸福度世界ランキングによるとブータン王国の幸福度は、現在低迷中と言うことがわかりました。ですから、ブータン王国は世界一幸せな国ではなく、あくまでも「目指している」「幸福を重視している」国と捉えると良いでしょう。

ブータン王国は、現在も国民総幸福量(GNH)にそって政策を進めている状況ですから、これからに期待!といえるかもしれません。ちなみに幸福度世界ランキングの測定項目には、「人生を選択する自由」「健康寿命」「寛大さ」といった項目があります。GNH9つの指標の「ワークライフバランス」「健康」「心理的幸福」などが良好であれば、幸福度世界ランキングも向上すると考えられます。

次回は、幸福論「感謝と幸せの関係」についてご紹介していきます。お楽しみに!

★ブータン王国の幸福論「4つの柱・9つの指標」を参考にしよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

目次

①幸福論・幸せになる方法-概観
②お金で人は幸せになれる?
③人間関係が充実すると幸せ?
④ブータンから学ぶ幸せの指標
⑤感謝と幸せの関係
⑥認知と幸福感
⑦ソーシャルサポートの充実がカギ

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・World Happiness Report (2019) 978-0-9968513-9-8