>
>
>
気分が落ち込む原因を解決する「ソーシャルサポート」

気分が落ち込むときの対処法「ソーシャルサポート」③

コラム②では、気分が落ち込む気持ちに対処する方法として「リフレーミング」をご紹介しました。

今回は「ソーシャルサポート」について解説していきます。イラスト:自分の感情を受け止めてスッキリできた姿

ソーシャルサポートとは?

ソーシャルサポートとは何か?

ソーシャルサポートとは「社会的関係の中でやりとりされる支援」のことを指します。具体的には、
 家族
 友人
 会社の同僚
 専門家

など自分を取り巻く人から受ける援助をさします。

落ち込む出来事があったとき、私たちは、自信を失うことがよくあります。そんな時は、自分の中でため込まず、周りの助けを求めることも大事です。

自己肯定感へのアプローチ

細田等(2009)は中学生305名を対象に、ソーシャルサポートと自己肯定感の関係について調査しました。

その結果が下図となります。数字は相関係数と言われて、数字が大きいほど影響が大きいことを意味します。

  1. 道具的サポート ・・・・ペンを貸すなどの物を支援する
  2. 情緒的サポート ・・・・励ます、応援するなど気持ちの面を支援
  3. 共行動サポート ・・・・アドバイスなどの知識面で支援する

    上図のように、父親、母親、友人、教師から受ける援助と自己肯定感はプラスの関係にあることがわかります。

困ったときはお互い様

迷惑をかける…に注意に

周りからのサポートを受けたいと考えても「相手に悪いから」と遠慮する方がいます。しかし、人間は思ったよりも、サポートには前向きになってくれるものです。

人間は援助的

こうした頼みの事をする時の相手との「感覚のズレ」は、心理学の研究でも確認されています。

ヴァネッサ・ボーンズ(2008)の研究では、大学生53名を対象に町中で見知らぬ人に「携帯電話を貸してください」とお願いしてもらいました。

被験者たちは、
10人中1人
しか応じてくれないだろう
と予測していたのですが、
実際は
6人に1人前後
のペースで携帯電話を貸してくれたのです。

お互い様の精神

このように、自分が思っている以上に相手はサポートしてくれるものです。悩みを一人で抱え込んでしまう・・・という人は「落ち込む時はお互い様!」という意識を持って、周囲の人に少しずつでも相談を持ち掛けてみましょう。

*講師の視点 人間は誰かの手伝いをすると、オキシトシンという幸福ホルモンが出ることが分かっています。手伝う側にも意外なメリットがあるのですね。

温かいコミュニティを探そう

理想のコミュニティの数

ソーシャルサポート受ける場合、その粗大にはコミュニティがあります。例えば、家族、学校、職場、友人関係などが挙げられます。

あくまで目安となりますが、以下をご覧ください。

5個以上の方:青色信号
3~4個の方 :黄色信号
2個以下の方:赤色信号

もし皆さんが所属しているコミュニティが2個以下の場合は要注意です。

おススメは3か所以上のコミュニティです。コミュニティは3か所あれば、1か所でトラブルが起きてもまだ2か所所属していることになるので、他のコミュニティでサポートが効きやすくなります。

温かいコミュニティ探し方

ソーシャルサポートをもらおうと思っても、友人が少なかったり、家族関係が悪い方もいらっしゃると思います。

そこでソーシャルサポートを得やすい環境作りについて、YOUTUBEで解説しました。良かったら参考にしてみてください。

ソーシャルサポートで「気分が落ち込む」を解消!

ソーシャルサポートを利用した問題解決を読んでみていかがでしたか?少し視野を広げればソーシャルサポートはあなたの周りにたくさん見つかります。

問題を一人で抱え込まず落ち込んだときには周囲のサポートを利用していろいろな方向から問題を観察してみましょう!

次回は、気分が落ち込むを原因に対処する4つ目の方法「体調を整える」についてお伝えしていきます。お楽しみに♪    

 

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献        
石毛みどり, & 無藤隆. (2005). 中学生における精神的健康とレジリエンスおよびソーシャル・サポートとの関連. 教育心理学研究, 53(3), 356-367.
神谷慶, & 幸田るみ子. (2016). 大学生の抑うつにおける自動思考とネガティブな反す
If You Need Help, Just Ask: Underestimating Compliance With Direct Requests for Help  Journal of Personality and Social Psychology 95(1) · August 2008 with 139 Reads Vanessa Bohns