>
>
>
やきもちをやく心理への対処法,強いヤキモチに注意

やきもちをやく心理への対処法,強いヤキモチ

はじめまして!公認心理師の川島です。今回は
「恋愛とやきもち」
についてお話していきます。


対象となる悩み
・嫉妬しやすい
・浮気をしていないかいつも不安
・異性と話しているとイライラする

全体の目次
・やきもちとは何か?
・問題となる行動
・研究紹介
・4つの改善策
・助け合い掲示板

はじめに

思い出すと、私には大学院時代に好きな女性がいました。ある日のこと、私はその女性が同級生とキャンパスを楽しそうに歩いているのを見てしまいました。その日はやきもちを焼いて落ち込んでいたことを覚えています。

やきもちを焼いている状態は、気が気ではなくなります、
 強い落ち込み
 確認行為
 試し行為
 暴言
に発展してしまうこともあります。ヤキモチをうまくコントロールできず、周りを傷つけて終わってしまうことも多々あります。

やきもちをやくとは

当コラムではそんなやきもちの負の部分を改善し、末永く関係が続くように様々な知識をお伝えします。是非最後まで御覧ください。

「やきもちをやく」とは?

やきもちをやく意味とは

やきもちは心理学の世界では”嫉妬”という用語で研究が進んでいます。心理学辞典(1999)では以下のように定義されています。 

特定の他者と自己との関係が
第三者との関係によって失われると推測すること
で生じる否定的な感情状態

例えば、大好きな恋人が異性と2人で楽しそうに歩いているところを見てしまったら、

「どいうつもり!!」
「その女(男)は誰?もしかして浮気?!」
「わたしというものがありながら!」

などの考えが浮かんでくると思います。このようにやきもちは、
 大事な人がいる
 第三者に奪われるかもしれない
という状況で出てくる人間の感情なのです。

やきもち 解消法

愛情の証拠

やきもちは愛情の深さと正比例関係にあります。やきもちの強さは相手を思う気持ちが強ければ大きくなります。もしあなたが誰かにやきもちを焼いたとしたらそれはその人を好きな証拠でもあります。

やきもちを焼くこと自体は問題ありません。それは愛情の裏返しでもあるからです。やきもちを焼かない人は、人を心の底から好きになれないひとです。そんな人になる必要はありません。

しかし…やきもちには爆弾が潜んでいることもちゃんと理解しておきましょう。ヤキモチを本能のまま爆発させると、相手との関係はまず崩れてしまいます。

問題となるやきもち

やきもちは、実際どのような場面で問題となるのでしょうか。種類を確認しながら解説していきます。以下は最悪のケースですが、頭の片隅に入れておくだけで抑止力が働くと思います。

疑い型

言葉通り、疑り深いやきもちのことを意味します。実在・空想を問わず第三者が恋人を奪おうとしているという猜疑心の強さを意味します。専門的には、認知的嫉妬と言われています。

問題となるケース
疑い型が強く当てはまる方は、証拠もないのにどんどん疑惑を深めてしまいます。疑いだすと止まらなくなり、しつこく誰と遊びにいくのか?など問い詰めることもあります。ついには耐え切れずに、自分から、もしくは相手から別れを切り出されてしまうこともあります。

排除型

やきもちを焼いた相手を「排除したい!」という感情が排除やきもちです。やきもちを喚起しうる状況に対して不快な感情を抱く排他的な度合いを意味します。専門的には、情動的嫉妬と呼びます。

問題となるケース
排除型が強い方は、恋敵を攻撃します。着信履歴に電話をして、どういう関係?と詰め寄ったり、場合によっては、暴力沙汰内なることもあります。

探偵型

関係を脅かしかねない第三者を「予防・探知する」行動の度合いを表します。専門的には、行動的嫉妬と言います。

問題となるケース
探偵型が強い方は、恋人のプライバシーに踏み込んでいきます。SNSを監視する、スマフォをチェックする、一日の行動をチェックするなどを行います。私が知っているケースですと、盗聴器を仕掛けた方もいます。

衝動型

強すぎて、カッとなってしまうヤキモチです。相手に暴言を吐いてしまったり、行き過ぎるとDVに発展したりします。

問題となるケース
衝動型の方は、抑制が効いにくいので、思ったこと、感じたことをそのまま相手にぶつけてしまいます。ふざけるな!どういうつもりだ!など相手にそのまま暴言をはいてしまいます。

普段は優しいはずなのに、その暴言が相手の恐怖心を呼び起こし、関係が終わってしまうこともしばしばあります。衝動型の方は特に要注意です。

嫉妬を減らしていこう

やきもちをやく人の特徴

心理学の世界ではヤキモチについて様々な研究があります。以下、折りたたんで記載したので、気になる項目を展開してみてください。

やきもちは男女の違いがあると言われています。和田(2015)は大学生186名に対して、やきもちを感じた時の男女それぞれの感じ方などを調べました。その結果が、以下のグラフになります。

まずはオレンジの怒りの項目を見ていきましょう。このように女性の方がグラフが高いことがわかります。やきもちを焼いた時、女性の方が怒りを感じやすいと言えます。

続いて青の不安・悲哀の項目を見ていきましょう。こちらも女性の方がグラフが伸びていることが分かります。

全体的に女性の方がやきもちをやきやすいことがわかります。

神野(2014)は、「青年の恋愛関係における嫉妬と自己愛の関連について」以下のような報告をしています。

嫉妬しない方法とは

「注目・賞賛欲求」と嫉妬傾向はいずれも有意な正の相関を示していました。これは注目されたいと願うと、同時に嫉妬しやすくなると推測されます。

神野(2014)の研究によると自己愛と嫉妬について以下の2点が明らかになりました。

①自己愛性抑うつ
相手が自分に興味をもってくれないと、気分が落ち込むなど

②自己愛性憤怒
相手が自分に興味をもってくれないと、怒りが込み上げてくるなど

まずは、「①自己愛性抑うつ」から見ていきましょう。

妬みをなくそう

「自己愛性抑うつ」と2つの嫉妬傾向と有意な正の相関を示しました。つまり、周囲が自分の事を肯定してくれず落ち込むことが多い人は、嫉妬心が強くなると言えます。

続いて、「②自己愛性憤怒」を見ていきましょう。

嫉妬の対処法

こちらも同様に、プラスの相関が見て取れます。自己愛とは「自分が特別な人間である」という感覚を意味します。過剰になると、特別な人間なのに、周りが成功したりすると、嫉妬を覚えたりするのです。

突然ですが、好きな男性(女性)が、容姿の整った女性(男性)と談笑しながら笑いているところにばったり遭遇したとします。皆さんはどんな行動にうって出ますでしょうか。

和田(2015)は「やきもち後のコミュニケーション」を調べています。

 

嫉妬を和らげよう

1.相手の反応確認
一番多かったのが相手の反応確認です。これは不安そうに振舞う、ショックを受けたように見せるやり方です。心理学的はアイメッセージと言われ、大人の対処法と言えそうです。

2.否認・回避
「やきもちをやいてない」と自分の感情を認めず、平気なふりをして見せるのが否認回避です。内心は傷ついているのに、平気なそぶりを見せますが、心に負担がかかりそうです。

3.非難・けんか
相手をダイレクトに非難する方もいます。腹を割って話し合うことも時に必要かもしれません。

4.所有の表示
なれなれしくする、自分のパートナーであるような発言をして、異性が自分の所有物であることを誇示しようとします。

和田の考察によると、「相手の反応確認」という行動は欧米での研究からは確認されず、日本特有のコミュニケーションと言えるとのことでした。

文化的な背景として、日本では“自分の感情を相手にストレートにぶつける”ということに抵抗が強く、そのため“相手の自分に対する気持ちをそれとなく確かめる”という間接的な行動によって、相手の反応確認するのかもしれません。

ヤキモチ,嫉妬

制御する4つの方法

ここからは、やきもちをうまく制御する方法を見ていきましょう。当コラムでは
・現実検討力
・アイメッセージ
・見捨てられ不安
・自己肯定感
の4つ紹介させて頂きます。

対処法① 現実検討力を高める

やきもちが大きい方は、頭の中でどんどん妄想を膨らませてしまいます。もしかしたら…万が一…と証拠もないのにどんどんマイナスの未来を予測して、自分で自分の心を傷つけてしまうことがあります。

大事なことは、事実をベースに現実的に考える癖をつけることです。以下の特徴にあてはまる方はリンク先をクリックしてみてください。

頭の中で悲観的な未来を予測する
思い込みが激しい
疑いだすと止まらない
  改善策→現実検討力を上げる

 

対処法② アイメッセージ

私たちは人間です。やきもちを全くやくなというのは不可能ですし、そんなことを努力する必要はありません。一方で、暴言を吐いてしまったり、プライバシーに踏み込んでしまったら問題です。

自分の気持ちを相手に伝えるときは、アイメッセージという手法が有効です。相手の権利を守りつつ、自分の気持ちを伝える力をつけていきましょう。

以下の特徴にあてはまる方はリンク先をクリックしてみてください。

相手を攻め立ててしまう
相手の行動を制限しようとする
とげとげしい言い方になってしまう
  改善策→アイメッセージ力をつける

 

対処法③ 見捨てられ不安への対処

見捨てられ不安とは、いつか相手がいなくなってしまうのではないか、どうせいつかは嫌われるという不安を意味します。心理学的には、幼少期の家庭環境が影響していると言われています。

以下の特徴にあてはまる方はリンク先をクリックしてみてください。

恋愛が短期的に終わりやすい
いつか相手がいなくなると感じる
好きになるほど不安が大きくなる
  改善策→見捨てられ不安を改善する

 

対処法④ 自己肯定感を向上させる

自信がある人は、相手はきっと魅力的な私を好きでいる、いつかは私のもとに戻ってくるという感覚になります。逆に言えば、ヤキモチをやきやすい方は、自己肯定感が不足しているのです。

以下の特徴にあてはまる方はリンク先をクリックしてみてください。自己肯定感の向上は長期戦となりますが、仕上げとしてじっくり取り組んでみてください。

自分に自信がない
いつか相手がいなくなると感じる
好きになるほど不安が大きくなる
  改善策→自己肯定感を向上させる方法

 


やきもちはかわいらしい人間の感情であると共に、危険性もある感情です。是非健康的にコントロールをして、末永く恋愛を継続してみてください。

私たち公認心理師は、暖かい人間関係のある社会を創ることを目的として、コミュニケーション講座を開催しています。

心理療法やソーシャルスキルの練習を勉強したい方はぜひお待ちしています。詳しくは下記の看板をクリックください♪

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
和田 実(2015),「恋愛嫉妬時の情動とコミュニケーション反応―嫉妬の強さおよび性との関連―」,応用心理学研究,40(3),213-223.
谷口 弘一 2018 集団マインドフルネス瞑想訓練のストレス低減効果 パーソナリティ研究 2018,2,168-170.
中島 義明 子安 増生 繁桝 算男 箱田 裕司 安藤 清志 (1999)心理学辞典 有斐閣