>
>
>

アンガ-マネジメントで怒りに対処していきましょう

アンガ-マネジメント


アンガ-マネジメントで怒りの原因に対処①

怒りの対処をアンガ-マネジメントで

当コラムは「アンガーマネジメント」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

あなたはどんな時、どんなことをされると怒りを感じますか?日々生活をしている中で、様々な感情が湧きあがってくると思います。中でも怒りの対処下手は人とぶつかりやすく、うまくいかず悩むことも多いのではないでしょうか?

アンガ-マネージメントというのは、1970年代にアメリカで開始された、不適切な怒りの感情をうまくコントロールするトレーニング方法のことです。

“怒り”は自然な感情でプラスに働くエネルギーでもありますが、表現の仕方によって誤解を受けたり、人間関係にひびが入ることがあります。そのため、怒りを感じた際、抑え込むのではなく、適切な表現をしつつ問題解決やコミュニケーションに役立てていくことが大切です。

怒りの問題は健康や人間関係に影響!

現在の生理学、心理学的な研究によると、怒りは様々なマイナスの状況を及ぼすことがわかっています。

・短気が体に及ぼす影響

井澤等(2004)は、「敵意性と怒り喚起時の心臓血管反応性の関連」において、怒りと生理的な影響について研究を行いました。

男子大学生20名に対して調査をしたところ、衝動的な怒り情動を表す「短気」が、収縮期血圧・拡張期血圧の上昇・副交感神経の減少と関連を示す結果が得られました。短気、敵意的でない人に比べ、日常場面でも怒り喚起時に高い心臓血管反応性を示し、その結果,冠動脈疾患に罹患しやすい可能性があることがわかったのです。

・怒りは抑うつに影響する

筑波大学の渡辺俊太郎(2004)が、「怒り感情が心身の健康に及ぼす影響に関する研究」において、怒りが生理的、心理的にどのような影響があるかを調査しました。その結果、怒り持続傾向の高い男性は、副交感神経が低下し、心拍や抑うつにも影響を与えていることがわかりました。

このように怒りは、体にも心理的にも悪影響を及ぼす研究がかなりたくさんあります。それどころか怒りは人間関係も破壊してしまいます。結果的には自分を守るようで、自分を追い詰めてしまう感情であると言えます。

アンガーマネジメントができない原因

アンガーマネジメントが上手くできない原因には以下の3つが挙げられます。

1:怒りに気づいていない
2:自分のせいにしてしまう
3:衝動的になってしまう

では、この3つについて詳しく見ていきましょう。

1:怒りに気づいていない
自分の怒りをうまく処理できていない時は、自分の怒りに無自覚であることがあります。怒りに気づいていないと、怒りを自分の中にため込んでしまいます。

すると、ちょっとしたことで攻撃的になったり、ストレスを抱えてしまうことにもなります。まずは、自分の怒りに気づいていくことが必要です。コラム②で詳しくご紹介していきます。

2:自分のせいにしてしまう 自分の怒りをうまく処理できていない時は、結果を自分のせいにしていることがあります。

自分のせいにすることによって、必要以上の責任を引き受けるだけでなく、怒りを自分に向けることとなり、ス

トレスを抱えてしまうことにもなります。まずは“私が悪いのだ”といった思い込みに気づいていくことが必要です。コラム③

で詳しくご紹介していきます。

3:衝動的になってしまう
自分の怒りをうまく処理できていない時は、衝動的になっていることがあります。

自分の怒りにまかせて発散していると、言動がエスカレートしてゆき、よけい怒りを発散させるといった悪循環に陥り、ストレスを抱えてしまうことにもなります。まずは、衝動的な自分を意識しておくことが必要です。コラム④で詳しくご紹介していきます。

アンガ-マネジメントで怒りに対処

今回は怒りの問題と原因、そしてアンガーマネジメントできない原因として「①怒りに気づいていない」「②自分のせいにしてしまう」「③衝動的になってしまう」の3つをご紹介しました。次回以降は、アンガ-マネジメントについて以下の内容でお伝えしていきます。

コラム②アンガーマネジメントのコツを知ろう
コラム③アンガーマネジメントで自責的な怒りを対処
コラム④アンガーマネジメントで衝動的な怒りを対処
コラム⑤アンガーマネジメントで楽な人間関係を

アンガーマネジメントで怒りに上手に対処できると、物事の受け止め方が適度にゆるくなり、過度の緊張やストレスにさらされなくなります。また、人間関係がスムーズになり、人や自分に対して怒りを膨らませなくなり、気持ちも軽くなります。

このように、怒りを適切にコントロールしていくことは、人間関係にプラスの影響を与えます。アンガーマネジメントを活用して、よりよいコミュニケーションを目指していきましょう。

次回のアンガーマネジメントコラムは、アンガーマネジメントできない原因の1つ目「怒りに気づいていない」の対処法をご紹介します。次回もお楽しみに!

 

*出典
 井澤修平・長野祐一郎・依田麻子・児玉昌久・野村忍 2004 敵意性と怒り喚起時の心臓血管反応性の関連 生理心理学と精神生理学,22(3)
 215-224
 渡辺俊太郎 2004 怒り感情が心身の健康に及ぼす影響に関する研究 筑波大学
★アンガ-マネジメントを知ろう
★怒りの原因をアンガ-マネジメントで対処しよう
★アンガ-マネジメントできない原因は3つある



怒りの問題と原因を知ろう