>
>
>

アンガーマネジメントで自分への怒りをコントロール

アンガーマネジメント


アンガーマネジメントで自責的な怒りを対処③

コラム②では、アンガーマネジメントがうまくできない原因の1つ目「怒りの種に気がつく」について述べました。まずは冷静に自分の感情に気が付くことが大事でしたね。今回は、2つ目の解決策として「過剰な他責を柔らかく」について詳しく述べていきます。

認知療法と怒りの関係とは?

コラム2でお伝えしたように怒りの感情を持ったらそれに気が付くことが大事です。多くの場合はそのまま客観してしていれば、ある程度改善していくのですが、なかなかしぶとく不快感や怒りが持続することがあります。そのような場合は認知療法も有効な手段となります。認知療法とはベックやエリスという心理療法家が提唱した理論です。

認知療法では“自分の受け止め方のクセ”や信念に焦点を当て、それらを変えることで問題への対処能力をあげてゆく方法です。他人に対して起こりやすい方は、その怒りの裏側に、『他責的な考え』があり、何か問題があった場合に、相手の責任に関連づけて考えてしまうのです。

認知療法をもとに整理すると

「他責的な考え」→「怒り」

という図式が成り立つのです。認知療法ではこのような他責的な考えを「柔らかい考え」に改善する練習をっしていきます。練習問題を解きながら考えてみましょう。

 

アンガーマネジメントを考えてみよう

問題1
仲の良い友人に誘われて、一緒にショッピングに行くことになった。友人は自分の好きなところばかりに行くので、なかなか自分の好きなお店に行けない。言いにくくて我慢している状況です。

→他責的な人の考え
→柔らかい考え

の2通りを考えてみましょう。

 

 


解答

→他責的な人の考え
普通はお互い行きたいところにいくと思うんだけど・・・自分勝手だなあ

→柔らかい考え
ショッピングをしているとテンション上がって人のことを考える余裕がなくなってしまうこともあるなあ。黙っているとわからないかもしれないので私の意見も伝えてみよう。 

 

 

問題2

朝出勤した際、上司にあいさつで声をかけても返してくれなかった。

→他責的な人の考え
→柔らかい考え

の2通りを考えてみましょう。

 

 


解答

→他責的な人の考え
挨拶を無視するなんて上司として失格だ!

→柔らかい考え
何かつらいことでもあったのかもしれないな。世の中色々な人がいるから、まずは私から挨拶を続けよう。いいつか挨拶を返してくれるかも。 

他責は怒りの源

練習問題はいかがでしたか?他責的な感情に気づいていない場合、他人に対して攻撃的になってしまいます。不快感から、疲れを感じたり、息苦しくなってくるかも知れません。

・他責思考はまっていないか

このように意識することは、自分の怒りを開放することにつながり、アンガーマネジメントがしやすくなります。

是非継続して判断してみてくださいね。次回は、アンガーマネジメントがうまくできない原因の3つ目「衝動的になってしまう」についてお伝えします。次回もお楽しみに!

★他責的な怒りは、生きづらさにつながっていく
★認知行動療法でアンがマネジメントしよう
★アンガーマネジメントは自分を楽にする



自分に向けられる怒りを対処していこう