>
>
>
アンガーマネジメント不足‐心と体へ悪影響とは③

アンガーマネジメント不足‐心と体へ悪影響とは③

アンガーマネジメントを身に付けることで、心身の健康にプラスの働きます。日常的に怒りを表に出してしまう方は、心理面・健康面で大きなデメリットがあることがわかっています。まずは、怒りはコントロールできない場合と、できた場合でどれだけ違いがあるのかを把握しておきましょう。

*当コラムは動画解説もあります。テキストで把握したい方は飛ばして進んでください。

アンガーマネジメントができない問題

現在の生理学、心理学的な研究によると、アンガーマネジメントができないと様々なマイナスの影響があることがわかっています。いくつか研究を紹介します。

研究① 短気が体に及ぼす影響

・脳と体の仕組み

まずは怒りと生理的なメカニズムについて解説していきます。

怒りは
①対人場面に遭遇
②怒り思考
③偏桃体が反応
④交感神経が活発

というプロセスで起こります。対人場面に遭遇し、理不尽な扱いを受けた方がいたとえいます。すると「扁桃体(へんとうたい)」が反応します。扁桃体は以下の部位に位置しています。

赤面症とは

偏桃体は怒り、恐怖、不安を感じる脳の部位で原始的な脳と言われています。危機を感じると、扁桃体が活発になり、合理的な判断がしにくくなります。

・交感神経とは? 
偏桃体が反応すると、「自律神経」が対応を始めます。自律神経には2種類あり、それぞれ以下のような働きがあります。

交感神経 ・・・緊張する、活力を上げる、心拍数が上がる
副交感神経・・・リラックス、休息する、心拍数が下がる

怒りを感じている時は体が「交感神経」が優位になっています。体の反応が高まる中で心臓の鼓動が早くなり、血流や血圧が高まっていくのです。これは体が戦いの準備を始めているサインになります。うまく制御できないと、暴言や暴力へと発展していきます。

交感神経が優位になる

 

・怒りと病気

井澤等(2004)は、「敵意性と怒り喚起時の心臓血管反応性の関連」において、怒りと生理的な影響について研究を行いました。男子大学生20名に対して調査をしたところ、衝動的な怒り情動を表す「短気」が、収縮期血圧・拡張期血圧の上昇と関連を示す結果が得られました。

怒りに関する例の表

アンガーマネジメントができない人、いわゆる短気・敵意的な人は、日常場面でも怒り喚起時に高い心臓血管反応性を示し、その結果,冠動脈疾患に罹患しやすい可能性があることがわかったのです。

アンガーマネジメント メリット

研究② 怒りは抑うつに影響する

筑波大学の渡辺俊太郎(2004)が、「怒り感情が心身の健康に及ぼす影響に関する研究」において、怒りが生理的、心理的にどのような影響があるかを調査しました。その結果、怒り持続傾向の高い男性は、副交感神経が低下し、抑うつにも影響を与えていることがわかりました。

横山(2014)はうつ病と関連して、“怒り発作”の概念を取り上げています。“怒り発作”とは、

・過去6か月間、イライラ感が確認される
・ちょっとした煩わしい出来事に過剰に反応する
・過去1ヶ月間に1回以上の怒り発作がある
・怒り発作が自分の本来の
   性格とは合わないものと感じている

などの条件により定義されます。こうした突然怒りの表出を表す人は、うつ病を伴う比率が高いとされています。他にも、双極性障害(いわゆる躁うつ病)や若年性認知症においても、それまでの性格では考えられない激しい怒りを伴うことが知られています。もちろん、アンガーマネジメントもできなくなります。

いずれにしても、突発的に怒りやすくなった場合は、精神疾患の可能性も視野に入れておく必要もあるのです。精神疾患の場合は、心理療法や薬物療法などの視野に入れて改善していくことになります。

アンガーマネジメントは心身の健康にプラス!

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①6秒ルールや診断など
②歴史や意味を解説
③問題点は?うつ病になる?
④怒りをコントロール診断!
⑤怒りの正体は相手への期待
⑥他責思考改善でコントロール
⑦「怒りの種に気が付く」方法
⑧6秒の壁に注意!深呼吸法
⑨資格・講座・研修まとめ

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・井澤修平・長野祐一郎・依田麻子・児玉昌久・野村忍 2004 敵意性と怒り喚起時の心臓血管反応性の関連 生理心理学と精神生理学,22(3)215-224 早稲田大学