>
>
>

ぼっちを克服する積極的完璧主義とは?

ぼっち,克服


ぼっちを克服する「積極的完璧主義」とは?②

「ぼっち」の原因に適切な対処を

コラム①では、ぼっちに対して3つの原因と解決策をあげました。具体的な対処法は「①積極的完璧主義を身につける」「②肯定とアイ・メッセージを使う」「③周りの目を気にする癖を軽減」でしたね。今回のコラムでは、ぼっちから抜け出すための解決策として「積極的完璧主義を身につける」について解説していきます。

消極的と積極的-2つの完璧主義

皆さんは、自分に完璧主義なところがあると思いますか?人間ですのでしっかりしなきゃ!という気持ちはほとんどの方が持っていると思います。しかし、この完璧主義がなかなか友達ができない原因である可能性があるのです。

完璧主義は大きく分けて、消極的完璧主義、積極的完璧主義の2種類があります。

・「消極的な完璧主義」
 話す時に失敗してはならない
 会話で緊張してはいけない
 機嫌を損ねてはいけない

・「積極的な完璧主義」
 必ずに会話を盛り上げよう!  
 確実に楽しませなきゃ!
 スマイルは必ず意識するぞ!

両方とも極端な考え方なのでどちらも完璧主義と言えるでしょう。前者はミスをしてはいけない、という消極的な完全主義で見方でマイナスの方向に意識が向いています。逆に積極的な完全主義はの方向に意識が向いていますね。

ぼっちの原因は消極的な完璧主義

齋藤(2009)は、東京都の大学生474名に対して、完璧主義と心理的な影響について調査を行いました。その結果、ミスを回避する完璧主義のある方は「集団にとけこめない」「人の目が気になる」「社会的場面で当惑する」傾向があることが判明しました。以下の図をチェックしてみてください。

まず失敗過敏の段を見ると、「集団に溶け込めない」「人間関係の当惑」がUPしていることがわかります。これに対して、同じ完璧主義でも目標を高く持つ積極的な完璧主義を持つ方は、これらの傾向はみられなかったのです。それどころか幸福感がUPしていることがわかります。

人が怖いという気持ちが大きい人のほとんどが「失敗したくない」「相手に悪く思われたくない」という完全主義的な気持ちを強く持っています。その気持ちが自分自身への過剰なプレッシャーをとなり、かえって他人が怖い気持ちや不安を強める一つの原因になると言えます。

失敗のイメージがミスを引き起こす理由

失敗してはいけない・・・という強い気持ちを持っていると実際にネガティブな結果が生まれやすくなります。これは心理学の「ゴーレム効果」で説明ができまして、誤ったイメージや予言を信じて、行動することで、結果的にあるはずもしない事柄(予言)が本当に)が現実になってしまうのです。

日常生活においては、例えば、「絶対にうまく会話しなきゃいけない」「沈黙を作ってはいけない」と考えて人と話すとします。すると、会話がうまくできない、沈黙になった状態に意識が向いてしてしまい、逆に話題が浮かばないといった現象が起きてしまうのです。

その結果、実際に会話がうまくいかない経験を積み重ねやすくなり、ぼっちになってしまいます。何度も同じような失敗をするとその状況が嫌になるものです。さらに人が怖いという気持ちが強くなり、ぼっちになってしまうといった悪循環に陥ってしまいます。

積極的完璧主義でぼっち克服

繰り返しになりますが、失敗を回避する完璧主義は、
「○○は厳禁だ!」
「〜しなきゃいけない」
「〜してはならない」
という考え方をしてしまうことです。思わず力んでしまうようなフレーズです。気持ちもポジティブになりづらいですよね。このように他人への原因にもなってしまう完璧主義ですが、必ずしも悪い面ばかりではなく、完璧主義が良い方向に働くこともあります。それは

「よくなりたい」
「良い結果を残したい」
「成功したい」

と思う完璧主義です。例えば、学校でクラスメイトと話すときに「会話でミスをしてはいけない!」「何も話さない方が無難」と考えるのが消極的完璧主義です。緊張してしまい、逆にミスしやすい状態になってしまいます。そうではなく、

「せっかくだから会話を盛り上げよう」「スベってもいいから逆を言ってみよう」と考えるのです。リードを守る、失点しないように・・・ではなく、攻撃こそ最大の防御だと前向きな表現の完全主義にシフトするのです。

「話しかけて悪い印象を持たれたくない(=話しかけない)」というのが、ぼっちにつながりやすい消極的な完璧主義です。一方で、「いろんな人にどんどん話しかけてみよう!」と考えるのが積極的な完璧主義です。

とはいっても、失敗を避ける癖がある方がいきなり行動を変えるのは困難だと思います。まずは一言だけでOkです。数か月には、失敗にチャレンジできるように少しずつ始めてみてください。

ぼっちを克服するための練習!

ここで、練習問題に挑戦してみましょう!以下に、ぼっちの原因である「消極的な完璧主義」の思考を表す文章をご紹介します。どこにそれが当てはまるのかを見つけ、積極的な完璧主義に変えましょう。

練習問題1
会話で孤立してはいけない

積極的な完璧主義に変えてみましょう

解答例
積極的な完璧主義の考え
⇒会話で1つ質問してみよう!

練習問題2
最初の自己紹介でのミスは許されない

積極的な完璧主義に変えてみましょう

解答例
積極的な完璧主義の考え
⇒最初の入り口だから、一つだけユーモアを入れてみよう!
(楽しめる事に変えるのも1つの方法です)

前向きな完璧主義でぼっち卒業!

練習問題はいかがでしたか。解答例は、あくまでも1つの例です。皆さんが積極的に人に話しかけれるようになる解答であれば、どんなものでも正解です。また、すぐに思いつかなかった方も気にする必要はありません。

少しずつチャレンジをしてみて、ご自身にとって健康的な完璧主義でぼっちからの解放を目指していきましょう!完璧主義を前向きな力に変えることができれば、友人や彼女、家族関係、仕事や学校などで仲間作りがしやすくなるでしょう。是非参考にしてみてください。

次回は、ぼっちから抜け出すコツ「肯定とアイ・メッセージを使う」についてご紹介します。

★ぼっちな時は前向きな思考で他人への恐怖を克服!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

*出典・参考文献
・予言の自己成就―<意図せざる結果>と<誤った>状況の期待―(中野正大 ソシオロジ 1995)中野正大 (1995)
・”予言の自己成就”と合理性 : ブール代数分析による思考実験 社会学評論 47(2), 156-170, 1996-09-30  

・齋藤, 路子; 今野, 裕之; 沢崎, 達夫 自己志向的完全主義の特徴 : 精神的不健康に関する諸特
性との関連から 2009 対人社会心理学研究. 9 P.91-P.100



積極的完璧主義を身につけよう