>
>
>

雑談力が上がる2つのコツと練習問題!

雑談力


雑談力が上がる2つのコツとは?練習問題で身に付けよう④

新しい考え方を見つけよう

コラム③では、雑談力が上がらない原因の1つである「他者評価を気にしすぎる」の対策について考えました。ご紹介した返答のコツ「オウム返し法」「言い換え法」「肯定返し法」を使うと、相手に好印象を与えることができます。少しずつ練習しながら、身に付けていってくださいね。

今回は、原因の3つ目「雑談を楽しめない」の対処法をご紹介します。雑談が苦手で、苦痛すら感じるという方に、「新しい視点で物事を考える」ということを、練習問題を交えながら詳しく解説していきます。

雑談力が上がる2つのコツとは?

雑談力が上がる2つの考え方雑談を楽しめないという方は、少し考え方を変えてみると良いかもしれません。ここで、2つの「考え方のコツ」をご紹介します。

①他者の視点で考える
雑談力に自信がない人は、
「雑談ではうまく話さないといけない」
「雑談力がある話し方をしなければ」
というように、自分の考えにこだわってしまうところがあります。ですから、一度自分の視点は置いておいて、「あの人だったらどうだろうか?」と他者の視点で物事を見ることが大切になります。

②自分とは反対の考え方をしてみる
雑談力に自信がない人は、ネガティブで極端な考え方のクセを持っている場合が多いです。思い切って、自分とは逆の考え方や視点を持ってみましょう。最初は抵抗があると思いますが、意外と良い考えが思いつきやすくなるかもしれません。

上の2つのポイントを心にとめながら、この後の練習問題に取り組んでみましょう!

 

考え方を変える練習問題

練習問題で雑談のコツをトレーニング次の雑談の場面で感じたネガティブな考えを、「他者の視点」と「自分とは反対の考え」にしてみましょう!

練習問題1
あなたは、職場の先輩や後輩と休憩時間が一緒になりました。その時、「早く何か話さないと…。つまらない人間だと思われて嫌われてしまうかもしれない」と考えていました。それを違う考えに変えてみましょう。

他者の視点

 

 

自分とは反対の考え

 

 

解答例
他者の視点
⇒話せなかったとしても、すぐにマイナス評価になることはない。

自分とは反対の考え
⇒話せなくても、聞き役に回れば良い。

この問題では最初、「何か話をしなければならない」と思い込んでネガティブな結果を予想していました。「話さなければ…」ということから一旦離れて、話せなかったからといって必ず悪い評価になるわけじゃないということと、話すのではなく「聞き役」になるという考え方をしてみました。

 

練習問題2
あなたは、あるバスツアーに参加しました。隣には初対面の人が乗っています。そして、「初対面だし緊張するな。何を話せばいいんだろう…。うまく話さないと変に思われちゃうよな…。何かおもしろい話をしないと」と考えていました。違う考えに変えてみましょう。

他者の視点

 

 

自分とは反対の考え

 

 

解答例
他者の視点
⇒お互い初対面だし、うまく話せなくて当然。

自分とは反対の考え
⇒相手も緊張しているだろうし、面白い話を求めてるわけではない。

この問題は、初対面同士の場面で、「うまく話さないと…」という気持ちが強くなっていましたね。1つは「初対面だしうまく話せなくて当然だ」というように、考え方のクセとは逆の発想をしてみました。同じように、雑談では必ずしも面白い話は必要ないという視点も考えました。

 

多様な価値観を受け入れよう!

考え方のコツで雑談力をUP練習問題はいかがでしたか。考え方のクセに気付くことはできても、新しい考え方を思いつくのは少し難しかったかもしれませんね。すぐにはできなくても、日々の生活の中で少しずつ意識していくと、多様な視点で物事を考えられるようになります。それが、雑談力UPの自信につながります。

考え方は1つである必要はありません。いくつ持っていてもいいのです。もっと言えば、自分の都合に合わせて、色々な考え方の中から選んでいけばいいのです。雑談力を上げるために、まずは多様な価値観を受け入れることも大切なポイントといえるでしょう。

次回は、雑談力コラムのまとめとしてお伝えしてきたポイントをご紹介していきます。一緒に確認していきましょう。

★雑談を楽しむには、多様な価値観を受け入れて、別の考えを持つこと

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



新しい視点で考えてみよう!