>
>
>
友達がいない!を解決する「コミュニティの探し方」

友達がいない!を解決する「コミュニティの探し方」②

コラム①では、友達関係を築くことができない3つの原因と解決策をあげました。解決策としてご紹介した良好な友人関係を築く方法は「①アサーティブに関わる」「②肯定+わたしメッセージ」「③会話力をつける」でしたね。今回は、良好な友人関係を築く方法の1つ目「アサーティブに関わる」についてご紹介します。

今回のコラムでは「コミュニティへの所属」について解説をしていきます。

孤独感の原因

コミュニティが解決への近道

友達がいない状態を改善する上で一番に重要なポイントが「コミュニティへの所属」です。もし以下に思い当たる節ある方は要注意です。

・1人暮らしで一言も会話できない
・休日に誰とも会わずに終わる
・家族や友人と話す時間がない
・業務内容に会話が必要ない
 
こうした状況にある方は、友達がいない状態になりやすい環境にあると考えられます。

周りからのサポートで不安が軽減

友達がいない状態を改善するには、ソーシャルサポートが大切です。これは、周りの方からの心理的・道具的な援助を意味するもので、コミュニティに所属することで受けやすくなります。そのため、最適な数のコミュニティに所属することが大切です。

大坪(2017)は、大学生254名に対して、ソーシャルサポートとメンタルヘルスについて調査を行いました。その結果、大切な人、友人などからサポートが受けやすい人は孤独と近い不安感などの基準においてプラスな関連があることがわかりました。

まずは、大切な人のサポートを見ていきましょう。上図の(-)マイナスを示していますですが、大切な人からサポートを受けれる人は、特に不安感の減少に強く関連していると分かりますね。大切な人が近くにいてくれる安心感というのは友達がいないなどの孤独感を軽減してくれます。

また、友人のサポートですが、同じく不安感が優位に減少していることがわかります。大切な人からのサポートと比べると不安感の減り具合は少ないものの、疲れやすさ、自立神経症状は友人のサポートの方が軽減する傾向にあります。

このように、ソーシャルサポートを得ることで、心の安定にプラスの影響をもたらします。友達がいない状態から抜け出すためには、友人や大切な人を増やすためのコミュニティ所属しておきたいところです。

コミュニティの数をチェックしよう

ここで、あなたの所属しているコミュニティの数をカウントしましょう。ここで言う”コミュニティ”とは以下のように定義します。

<コミュニティの定義>
①3人以上の複数人の集団

②最低月1回、1時間以上は会う
③雑談やプライベートな話をする
 
これらを満たすグループに所属している場合は1と数えてください。

例えば、家族(実家ぐらしor既婚者子供有り)・職場・部活・サークル・大学の同期・趣味仲間・PTA・学生は学校の友達・インターネットの定期的なOFF会・行きつけのお店などですね。

コミュニティに所属している数は何個?

あなたが所属しているコミュティはいくつありますか?

友達がいない⇒最低3つ・理想は5個

さて、所属しているコミュニティは何個でしたか?もしあなたが属しているコミュニティが5つ以上でしたら、理想的です。ソーシャルサポートを得やすく、友達がいない状態にいる人はほぼいないでしょう。

5個以上の方:青色信号
3~4個の方 :黄色信号
2個以下の方:赤色信号

と具体的には、上記のように考えておきましょう。

コミュニティは3か所あれば、1か所でトラブルがあっても、まだ2か所所属あること余裕が生まれます。しかし、2か所だけですと、1か所の問題が発生した場合、依存的になりやすく、人間関係の問題が深刻化しやすくなります。そのため、少なくとも3か所のコミュニティへの所属をお勧めしています。

コミュニティの見つけるには?

それでは具体的にコミュニティに所属していくには何をすればういのでしょうか?現代社会ではこれだけ多くの人がいるにもかかわらず、意外と所属できるコミュニティを探すのに苦労される方が多いと言えます。理想は仕事場や学校の人間関係が円満であれば、かなりは友達がいない状態されるとおもいますが、現実はそうはいかないこともよくあります。そこで講師からいくつか提案させていただきます。

1:ダメなコミュニティの特徴
すぐにやめていく人が多く、集まる頻度が3か月に1回のようなコミュニティは表面的な人間関係で終わってしまうことが多いのでお勧めできません。無理して参加しつづけても、ストレスが増大するだけです。同じ趣味や目的などを共有できるコミュニティを探していきましょう。
 
2:コミュニティはどう探す?
コミュニティを探す具体的な方法ですが、3点ほどご紹介させていただきます。

①ネット利用
メジャーな方法としては、趣味のサークルなどが考えられると思います。現在はインターネットで調べると、様々な趣味サークルを見つけることができます。まずは自分の興味などをベースとして、一度所属してみると良いでしょう。趣味の社会人サークルやコミュニティ付きのSNSなどはおすすめです。

②通いやすい地元コミュニティ
また通いやすい地元の居酒屋やボランティア活動なども狙い目です。ネット検索で見つかったコミュニティはアクセスがしにくい場合が良くありますが、地元であれば足を運びやすいのが魅力ですね。私自身は麻雀が好きなので、通いつけの雀荘によく顔を出しています。ちなみに弊社のコミュニケーション講座も、かなりコミュニティとして通いやすいのでぜひいらっしゃってください笑 宣伝するな!と言われそうですが(^^;

③提供コミュニティ

同じ志を持つコミュニティも非常にオススメです。例えば、現在では副業が流行している時代です。かつ残業時間が減少傾向にあるので、あなたのスキルを欲しがっている起業家や会社は存在するでしょう。

例えば、SNSを活用して、関連しそうな会社様に自己アピールしてみたり、自分が持っている知識をブログにアップしておいて、お仕事募集中!と記載するなど様々な方法があると思います。

またビジネス以外でも、自分の持っている能力を提供できそうな場面は意外と多いです。そのような活動を行っている団体に参加してみるのもいいかもしれないですね。
 
3:勇気を持とう!
新しいコミュニティに所属するのは緊張を伴う行動だと思います。特に友達がいない状態で孤独感が強い時は、人見知りをになってしまい神経をすり減らす作業だと思います。しかし、緊張や不安の先に進むことができれば、新たな人間関係が生まれ、最終的に友達がいない状態は改善していくでしょう。

コミュニティに所属して孤独感を緩和しよう

友達がいないは「環境から」

今回のコラムでは、友達がいないの原因の1つ「ソーシャルサポートの不足」の解決策としてコミュニティへの所属について解説しました。ご紹介した3つのポイントを踏まえて最低3つは所属できるように環境を整えていきましょう。最初は新しい人間関係にナーバスになっていまうこともあるかと思いますが、勇気をもってて参加すれば、友達がいない状態の改善につながります。まずは1つ見つけて参加してみてくださいね。

次回は、友達がいない状態から抜け出す「見捨てられ不安とうまく付き合う」をご紹介します。

★友達がいないを改善する!環境づくりのコツ「コミュティに参加する」

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献   
大坪(2017)青年期のコミュニケーション・スキルとソーシャル・サポートがレジリエンスに及ぼす影響 追手門学院大学心理学論集;Otemon Gakuin University Psychological Review 25, 13-25, 20170331-00-00