>
>
>
断り方診断

断り方簡易診断でセルフチェック⑤

今回は、断り方を簡易チェックできる「断り方簡易診断」をご紹介します。

自分の断り方の上手さは自分では把握しにくいため、客観的にセルフチェックする機会を定期的に設けるといいでしょう。こちらの「断り方簡易診断」では8つの質問に回答するだけで、現在の断り方のレベルを知ることができます。ぜひご活用ください!

断り方スキル診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「断り方スキル診断」をしてみましょう。

断り方スキル診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
相手の要求を断ると罪悪感を持つ
2.
私には「嫌だ」という気持ちを持つ権利がある
3.
正当な理由があればネガティブな感情を相手に伝える
4.
過剰な要求は断ることができる
5.
断るときは相手の状況も考える
6.
自分も相手も納得できるよう話し合う
7.
相手が受け入れやすい断り文句を使う
8.
断った後も人間関係を良好に保てる
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

断り方診断‐注意事項

・当尺度は臨床心理士・精神保健福祉士の監修の元作成しました

・当尺度は医療的な診断を行うものではありません

・当尺度は、段階では予備調査の段階となります

・あくまで参考程度にご使用ください

 

 

尺度作成の趣旨

現代社会では、主にスマーフォトフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から模索を始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、メンタルスの改善の迷路に迷い込む恐れがあるため、限られた時間の中で、ある程度簡易的に自分の状態を把握するコンテンツや診断が必要と考えています。

 

そこで弊社では、メンタルヘルスの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

 

 

尺度作成の条件

尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。

・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける

・学術的な表現は控える

・断定はしない あくまでヒントとして診断をする

・尺度の限界を明示する

 

尺度抽出について

日本人は、文化的に他者の目を気にしやすいという特徴があり、「断る」という自己表現が苦手な人が多い。社会的スキルのひとつアサーションで言えば、非主張性にあたる。この非主張性とは、相手は大切にするが、自分は大切にしないという表現方法である。

非主張性型のコミュニケーションをとる人の特徴は、自分の感情を表現できない、自分の感じた感情を押し殺す、まわりくどい言い方をすることなどがあげられている。つまり、自分の感情を理解し、受け止めること、そして適切にそれを表現することが良い断り方につながると考えられる。以上を踏まえて、尺度抽出においては、自分の感情の受け止め方や相手への配慮、表現方法などを網羅した内容にした。

断り方度に近接する6つの論文と、臨床心理士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングし、質問項目を網羅した。

 

参考文献

 

関口奈保美, 三浦正江, & 岡安孝弘. (2011). 大学生におけるアサーションと対人ストレスの関連性: 自己表現の 3 タイプに着目して. ストレス科学研究, 26, 40-47.

高浜怜美, & 沢崎達夫. (2013). 非主張性尺度と青年用アサーション権尺度の作成. 目白大学心理学研究, 9, 65-75.

玉瀬耕治, 越智敏洋, 才能千景, 石川昌代, タマセ,コウジ, オチ,トシヒロ, ... & イシカワ,マサヨ. (2001). 青年用アサーション尺度の作成と信頼性および妥当性の検討. 奈良教育大学紀要, 50(1), 221-231.

平木典子. (2000). 自己カウンセリングとアサーションのすすめ. 金子書房.

三田村仰, & 松見淳子. (2010). 相互作用としての機能的アサーション. パーソナリティ研究, 18(3), 220-232.

李盛熱. (2018). 日本人のアサーションにおける熟慮的自己表現. 金城学院大学大学院人間生活学研究科論集, 18, 25-34.

 

 

その結果以下の項目が抽出された。

・人とは違った感情や考えを表現できる。

・人とは違ったことを感じても自分で受け止める。

・ネガティブな気持ちも受け止めることができる。

・ネガティブな感情を相手に伝えることができる。

・自分にとって都合の悪い頼まれごとは引き受けない。

・頼まれごとは自分や相手の状況を考えて引き受ける。

・自分も相手も納得できるよう話し合う。

・断っても嫌われる事はない。

・断ったら相手は受け入れてくれないと思う。

・自分の意見は大事にしてもらえると強く感じる。

・自分の意見も相手の意見も大切だと感じる。

 

KJ法によりグルーピングを行い

4グループにまとめ、ラベリングを行った

 

ネガティブな感情の肯定

・人とは違った感情や考えを表現できる。

・人とは違ったことを感じても自分で受け止める。

・ネガティブな気持ちも受け止めることができる。

・ネガティブな感情を相手に伝えることができる。

 

 

柔らかい主張スキル

・自分にとって都合の悪い頼まれごとは引き受けない。

・頼まれごとは自分や相手の状況を考えて引き受ける。

・自分も相手も納得できるよう話し合う。

 

 

自他尊重

・断っても嫌われる事はない。

・断ったら相手は受け入れてくれないと思う。

・自分の意見は大事にしてもらえると強く感じる。

・自分の意見も相手の意見も大切だと感じる。

 

WEB対応簡易型尺度とするため質問項目を削った。

またスマフォ画面に収まるように文言を微調整した。

*通常であれば予備調査で説明変数から多い順に

 採用するが今回は桃田の判断で選択した。

 

 

 

 

断り方スキル(MAX 40)

断り方スキル(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど断り方がうまいことを示しています。

・33~40 うまい
・27~32 ややうまい
・21~26 やや苦手
・8~20   苦手

断り方スキル(MAX 40)

断り方スキル(MIN 8)

あなたのライン

ご自身の年代と比較してみましょう。

あなたが所属する群

  以下の2群に当てはまった方は注意しましょう。

・21~26 断り方-やや苦手
・8~20   断り方-苦手

 

 

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 山形県 32.5 2
    2 山梨県 32 2
    2 島根県 32 2
    4 熊本県 30.75 4
    5 福島県 30.5 2
    6 香川県 30.25 4
    7 北海道 30.19 27
    8 青森県 30 1
    8 山口県 30 1
    10 奈良県 29 1
    11 石川県 28.2 5
    12 栃木県 28 5
    12 大分県 28 3
    14 長野県 27.83 6
    15 茨城県 27.75 4
    16 大阪府 27.73 22
    17 滋賀県 27.67 3
    17 和歌山県 27.67 6
    19 東京都 27.63 56
    20 岡山県 27.33 3
    21 広島県 27 6
    21 秋田県 27 3
    21 新潟県 27 7
    24 沖縄県 26.67 3
    25 福岡県 26.57 7
    26 静岡県 26.44 9
    27 岐阜県 26.33 3
    28 千葉県 26.29 14
    29 長崎県 26 4
    30 愛知県 25.9 20
    31 神奈川県 25.76 33
    32 兵庫県 25.32 19
    33 京都府 25.11 9
    34 徳島県 24.78 9
    35 富山県 24.67 3
    36 埼玉県 24.5 16
    37 三重県 24 1
    37 群馬県 24 1
    39 宮城県 23.5 4
    40 佐賀県 21.75 4
    41 宮崎県 17 2
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 千葉県 35 2
    2 静岡県 34 1
    2 山形県 34 1
    4 山梨県 32 1
    5 北海道 31.18 11
    6 長野県 30 3
    6 山口県 30 1
    8 埼玉県 29.5 4
    9 奈良県 29 1
    10 愛知県 28.67 6
    11 熊本県 28 1
    12 石川県 27.5 2
    13 東京都 27.09 11
    14 福岡県 27 1
    14 福島県 27 1
    14 長崎県 27 1
    17 大阪府 26 4
    18 神奈川県 25.11 9
    19 滋賀県 25 1
    19 京都府 25 1
    21 兵庫県 22 4
    22 新潟県 21.5 2
    23 栃木県 21 1
    24 秋田県 20 1
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 福島県 34 1
    2 山梨県 32 1
    2 島根県 32 2
    4 熊本県 31.67 3
    5 山形県 31 1
    6 秋田県 30.5 2
    7 香川県 30.25 4
    8 青森県 30 1
    9 栃木県 29.75 4
    10 北海道 29.5 16
    11 新潟県 29.2 5
    12 滋賀県 29 2
    13 石川県 28.67 3
    14 大阪府 28.47 17
    15 大分県 28 3
    16 東京都 27.76 45
    17 茨城県 27.75 4
    18 和歌山県 27.67 6
    19 岡山県 27.33 3
    20 広島県 27 6
    21 沖縄県 26.67 3
    22 福岡県 26.5 6
    23 兵庫県 26.43 14
    24 岐阜県 26.33 3
    25 神奈川県 26 24
    26 長崎県 25.67 3
    26 長野県 25.67 3
    28 静岡県 25.5 8
    29 京都府 25.13 8
    30 千葉県 24.83 12
    31 徳島県 24.78 9
    32 愛知県 24.71 14
    33 富山県 24.67 3
    34 三重県 24 1
    34 群馬県 24 1
    36 宮城県 23.5 4
    37 埼玉県 22.83 12
    38 佐賀県 21.75 4
    39 宮崎県 17 2

2018年7月5日に公開しました。現在集計中です。

*長所

断り方がうまいと言えます。断り方がうまい方は、自分の気持ちを相手に適切に表現し、ネガティブな感情も1回1回処理しながらため込まないようにすることができます。また相手の気持ちに配慮しつつ、正当な自分の気持ちを伝えることで、お互いの距離感を大事にしながら人間関係を続ける方が多いと言えそうです。

*注意点

断り方がうまい人も時々断りにくいな、自分の気持ちを言いにくいなと感じてしまうこともあると思います。何か引っかかりを感じることきは、落ち着いて状況や自分の気持ちを確認してみてください。

*長所

断り方がうまいと言えます。断り方がうまい方は、自分の気持ちを相手に適切に表現し、ネガティブな感情も1回1回処理しながら、ため込まないようにすることができます。また相手の気持ちに配慮しつつ、正当な自分の気持ちを伝えることで、お互いの距離感を大事にしながら人間関係を続ける方が多いと言えそうです。

*注意点

断り方は健康的なレベルですが、状況や相手によって断りにくさを感じ、負担に感じるということもあるかもしれません。以下のコラムも参考にしてみてください。

断り方はやや苦手と言えそうです。以下の2つタイプのどちらかになっている可能性があります。

*自分中心主張型長所

ずばり自分の気持ちを言うタイプの方は注意が必要です。裏表がなく、竹を割ったような方なので、素直だと言われると思います。また自分の意見を活発に表明できるので、ビジネスの現場などでも重宝されるでしょう。

*自己中心型注意事項

自分中心に傾き相手に負担をかけることがあります。急に怒ってしまったり、相手を傷つけるような表現をしていないか気を付けましょう。

 

*非主張型

相手の気持ちを聞き、あまり自分の気持ちは言わないタイプです。やさしい、協調性のあると言われることが多いと思います。相手の立場を考えて行動できるのでチームプレイでうまく力が発揮されるでしょう。

*非主張型注意点

必要以上に相手の要求に答えすぎないように気を付けましょう。断りたいな、断りにくいな、など感じる時には、自分の本音を確認するチャンスです。断りたいと感じるのはどうしてなのか?自分はどうしたいのか?ということを振り返ってみましょう。自分の気持ちに正直になることで自分にとっても相手にとっても良い方法が見つかるはずです。

断り方は苦手と言えそうです。以下の2つタイプのどちらかになっている可能性があります。

*自分中心主張型長所

ずばり自分の気持ちを言うタイプの方は注意が必要です。裏表がなく、竹を割ったような方なので、素直だと言われると思います。また自分の意見を活発に表明できるので、ビジネスの現場などでも重宝されるでしょう。

*自己中心型注意事項

自分中心に傾き相手に負担をかけることがあります。急に怒ってしまったり、相手を傷つけるような表現をしていないか気を付けましょう。

 

*非主張型

相手の気持ちを聞き、あまり自分の気持ちは言わないタイプです。やさしい、協調性のあると言われることが多いと思います。相手の立場を考えて行動できるのでチームプレイでうまく力が発揮されるでしょう。

*非主張型注意点

必要以上に相手の要求に答えすぎないように気を付けましょう。断りたいな、断りにくいな、など感じる時には、自分の本音を確認するチャンスです。断りたいと感じるのはどうしてなのか?自分はどうしたいのか?ということを振り返ってみましょう。自分の気持ちに正直になることで自分にとっても相手にとっても良い方法が見つかるはずです。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

断り方簡易新案の結果は、いかがでしたか。自分が思っていた以上に「断り方が下手だった…」という方や「レベルは高かった!」という方もいらっしゃるかもしれません。

診断結果は、現況です。定期的な診断・チェックをして断り方の予防や対策にお使いください。

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション教室への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★断る勇気も大切!上手な断り方で良い印象を持ってもらおう
人間関係講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→