>
>
>
上手な断り方で断る勇気をもとう

上手な断り方を身に付けよう!断る勇気を⑤

今回が「断り方」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

上手な断り方ができない原因・問題

コラム①では、断り方が苦手になってしまう原因とその解決策をご紹介しました。

断ることが苦手になる原因は次の3つでしたね。

・ズルズル引き受けてしまう
・自己犠牲精神が強い
・断り方のスキル不足

断れない原因を知ることは、上手な断り方を身に付ける第一歩です。自分がどんな原因で断れないのかを確認して、該当する対処法や練習問題に取り組んでみてください。

そして3つの原因を解決する具体的な断り方もお伝えしましたね。

1:感謝とセットで断る
ズルズルと引き受けてしまう場合の解決策は 「感謝とセットで断る」でした。相手を尊重して断ることができれば、誠実な姿勢が伝わり、むしろ好印象を与えることができます。ご紹介した練習問題に取り組んでみてください。

2:代替案を提示法
自己犠牲精神が強い場合の解決策として「代替案の提示法」をご紹介しました。「断る時は代替案を入れる」を意識するようにしてみてくださいね。

3:Iメッセージで断る
断り方のスキル不足を解決する方法として、「Iメッセージ」をご紹介しました。ポイントは「私は…」を主語にした文章でしたね。

Iメッセージは、普段私たちが何気なく使っていることですが、上手に断るためには改めて意識することが大切です。本当に困ったときはYOUメッセージも効果的です。

上手に断り方

場面ごとの例文で実践してみよう

コラム②③④では、場面ごとでの断り方の例文をご紹介しましたね。

コラム⑤では告白の断り方として、男性編・女性編の例文と告白後の事を考えたコツもご紹介しました。コラム⑥では、ビジネスでの断り方を紹介しました。メールも上手に使ってより印象がよくなる断り方をしてみてくださいね。

そして友人からの誘いの断り方コラム⑦でご紹介しました。例文を参考に、勇気をもって断ってみてくださいね。

上手な断り方を知って断る勇気を!

「断り方」コラムでは、断ることが苦手で、なかなか上手に断ることができない方向けに、改善方法を解説してきました。コラムを読み終えて、「これなら上手な断り方ができそう」「断り方のコツがわかった!」と思っていただけたら嬉しいです。

このコラムをきっかけに、少しでも断る勇気を持っていただけたら幸いです。もし直接会って話すのが苦手なら、メール・電話などもうまく使っていきましょう!

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション教室への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★断る勇気も大切!上手な断り方で良い印象を持ってもらおう
人間関係講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→