>
>
>
振られた時の立ち直り方「フィンク危機理論」とは②

振られた時の立ち直り方「フィンク危機理論」とは②

コラム①では、失恋から生じてしまう問題の3つの原因をあげました。具体的には「①急いでしまう」「②視野が狭い」「③助けを求められない」でしたね。今回は原因の1つである「急いでしまう」を解決するためのコラムです。

振られた時に立ち直りを急いでしまうには「フィンクの危機理論」という理論が効果的です。フィンクの危機理論はカウンセラーなど援助者向けの理論なのですが、一般の方にも用いることができます。成功例・思考のポイント・練習問題を交えながら紹介していきます。

振られたという「危機」が怖いところ

私たちの人生の中では、さまざまな「危機」に直面してしまうことがあります。この「危機」の中には、「病気の宣告」や「事件・事故」などだけでなく、振られたことによる「失恋」も人生においては大きな「危機」です。

失恋という「危機」の解決を急いでしまうと、解決は難しくなってしまいます。「早く次の恋愛に切り替えよう」「早く忘れよう」と、解決を急ぐと焦りが出てきてしまいます。

その結果、失恋を長期間にわたって引きずり、疲れやストレスが溜まってしまい「また失恋したらどうしよう」と次の恋愛に対しても積極的になれません。

失恋から立ち直るための仕組みを紹介しています

フィンクの危機理論とは?

フィンクの危機理論とは、「危機」を乗り越える流れを示した理論のことです。

振られたという「危機」に対して、このフィンクの危機理論を知っておくと、自分の「危機」が今どのような状態なのか、次はどんな状態になるのかを知ることができます。

このように「危機」の状態を知ることで、失恋という「危機」の解決を急いでしまうことを防いでいきましょう。フィンクの危機理論で失恋から立ち直る方法を解説

フィンクの危機理論の使い方

フィンクの危機理論では「危機」を乗り越えることについて、第一段階から第四段階にステップを示しています。まずはそれぞれの段階についてわかりやすく解説をしていきますね。

フィンクの危機理論では以下のように、「危機」を乗り越えることについて、第一段階「衝撃」から第四段階「適応」に流れを示しています。振られた時は辛いものです。落ち込む時は落ち込むのが人間です。

1.衝撃期
まずは辛い気持ちをそのままに、じっくりと辛い気持ちと向き合いましょう。泣来たい場合は、思う存分泣いて大丈夫です。

2.防衛的退行
ある程度たつと、振られたことについてもがくのが人間です。よりが戻せないか?なんとかもとに戻れないか?メールをしてしまう方もいるかもれません。もしかしたら相手の気持ちが変化することもあるかもしれませんが、大概の場合は難しいので、その現実をゆっくり受け入れていきます。

3.承認
最後のステップになってくると、どうにか現実を受け入れ、心もだいぶリラックスしていきます。個人差がありますが、相手への好意が大きいほど引きずります。ですが必ず終わりが来ます。

4.適応
最終ステップになるいい思い出として振られた体験を達観できるようになります。新しい恋に向けて自分磨きをしたり、新しい出会いにオープンになっていきます。

今現在自分がどの段階にいるのかを把握して、焦らないようにすることが何よりも振られたことから立ち直るには大切です。例えば、失恋したばかりで、空元気で「適応」したと思い込んでも疲れてしまうことが多いです。傷が残ったままになってしまうことが多いので、泣きたいときは無理せず泣いて、自然と回復するのを待ちましょう。

練習問題で習得!失恋から立ち直る

先ほどご紹介した4つのステップを踏まえながら、練習問題を進めていきましょう。以下に「危機的場面」を挙げますので、ご紹介した各段階に当てはめてそれぞれお答えください。

練習問題
3年間お付き合いをしていたAさんから唐突に別れを告げられてしまいました。別れを告げられた時、ショックであまりその時のことを覚えていません。3年間の思い出が走馬灯のように浮かんできます。

その上、振られたことが気になってしまって、本来やるべきことができず、焦ってきてしまいました。この時、どのようなステップを踏んで克服されていくでしょうか。

第一段階「衝撃」

第二段階「防衛的退行」

第三段階「承認」

第四段階「適応」

 

 

解答例
第一段階「衝撃」
⇒「えっ。突然何を言っているんだ?頭が真っ白だ。」心理的にダメージを受ける段階で、強いショックと強い不安で気が動転してしまっている。

第二段階「防衛的退行」
⇒「そんなはずはない。嘘だ。何か誤解があったのかもしれない。」振られた事実に抵抗して、自分を守るステップで、現実逃避をしたり、怒りが湧いてきたりと、現状から拒もうとする。

第三段階「承認」
⇒「やっばり別れるしかないのか。諦めないといけないのかな。」振られたことから逃げられないことを悟り、無力感や自己軽視を味わいつつ、現実を吟味しはじめる段階で、不安や焦燥感を抱く。

第四段階「適応」
⇒「いつまでも悩んでいるわけには行かない。他のものにも目を向けよう。」建設的な方法で、積極的に現実に対処していくステップで、別の考え方や捉え方を認識し、価値観を再構築する。

段階的な対処で失恋から立ち直る方法を解説しています

フィンクの危機理論でゆっくり立ち直る

練習問題はいかがでしたか。振られた体験から立ち直れない…と感じてしまった時には、フィンクの危機理論を参考に焦らず対処していきましょう。

「今自分はどのようなステップなのかな?」
「今の気持ちはごく自然な感情だよね?」

と自分に問いかけ、考えることが大切です。ご紹介した第一段階から第四段階の各段階を意識してトレーニングする事で、順を追って振られた体験から立ち直って行きましょう。

例えば、いま振られたばかりなら、衝撃を受けるのは当たり前なので、強引に前向きに考える必要はありません。時間が解決してくれることが多いので、今は残念ですが、落ち込む時期だと考えると良いでしょう。

次回は、振られた時の立ち直り方の2つ目「リフレーミング」についてご紹介します。お楽しみに!

★振られた時は立ち直りを急がない!自然な感情と向き合おう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
岩野 恵美・角田 明美・斉藤 京子・瀬間 美恵子・三浦 敏江 2012 期せぬ突然のがん告知により強い衝撃を受けた患者への看護 ―フィンクの危機理論を用いた考察― The Kitakanto medical journal 62(1),83-83, 2012-02-01.