>
>
>

興味を持つコツ!物事に関心を持つ心理

興味を持つ,物事,コツ


興味を持つための方法!物事に関心を持つコツ-精神保健福祉士が解説⑤

興味を持つ方法を身に付けよう!

今回がこの「興味を持つ」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでご紹介したことを振り返っていきます。一緒にチェックしていきましょう。

3つの原因に対処し興味を持つ

コラム①では、興味が出ない問題と3つの原因をご紹介しました。

・興味関心の視野が狭い
・自分の頭で考えない
・ハードルが高すぎる

何事にも興味を持てない人は、好奇心が強い人と比較して学業、仕事への成果や経済的な格差につながるということでしたね。好奇心の問題セルフチェック で自分の状況をまずは確認できましたか?まだの方はぜひトライしてみて下さい。

興味を持つためのテクニック

コラム②③④では、3つの原因へ対処する具体的なテクニックをご紹介しました。

1:好奇心ツリー
1つ目の原因である「興味関心の視野が狭い」を克服するために、 好奇心ツリーをご紹介しました。

コラム②でご紹介した5つのステップで好奇心ツリーを作り、興味の幅を広げてみてください。新しい興味の種を見つけるきっかけとなり、拡散的好奇心を刺激します。

2:批判ポイントを見つける
コラム③では、2つ目の原因「自分の頭で考えない」に対処する方法をご紹介しました。知的好奇心を高めるためには、物事を多面的な視点で考え、疑問を持ち、自分で調べる事が大切でした。そこで 批判的思考態度で論理的に探求する方法をご紹介しました。批判的思考態度には5つのステップがありましたね。

①明確化
②推論の基盤
③推論
④価値判断
⑤行動の決定・問題解決

批判的思考態度を活用することで、証拠に基づいて一歩深く物事を考えるようになり、頭をやわらかくするとができます。この批判的思考態度で一つの物事について深堀りしていくことで知的好奇心が刺激されます。

3:小さなステップに細分化
興味を長持ちさせる方法として、スモールステップ法をご紹介しました。はじめから難易度の高いを大きな目標を掲げるのではなく、自分が簡単にできる目標から行っていきます。そして、成功体験を積み上げながら、大きな目標に近づいていく方法でしたね。コラム④は、スモールステップ法には以下の手順がありました。

①小さい目標を書き出す
②難易度に点数化する
③目標を順位づけする

このスモールステップ法を使うことで、ハードルの高い目標のせいでモチベーションが下がることがなくなり、興味を維持しつつ目標に向かうことができます。

興味を持つ方法を実践しよう!

この「興味を持つ」コラムでは、興味が持てない人のために、好奇心がない問題や原因、解消法、興味を持続させる方法もお伝えしてきました。

コラムを読み終えて「1つでも試してみよう」と思って頂けると嬉しいです。また、ご紹介した解決方法を実践する中で、物事に興味を持つことができるようになって頂けたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「興味を持つ」コラムにお付き合いして頂き、ありがとうございました。ぜひ、1つずつ日常生活に取り入れて、自分なりの方法で実践していただれればと思います。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★興味を持つには「好奇心の木」「批判」「細分化」を実践しよう!
人間関係講座



物事に興味を持つには?